ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.08.03 Monday

2015.8.1-2 北岳バットレス色々

北岳バットレスへ。
全荷で長時間行動/労働のそれはブラック企業のごとく。日本の雇用状況の厳しさを北岳でも追体験。汗だくになりながら動いている岩をどける。学生時代の夏休みにやった日雇いの解体現場日給6000円(交通費込)を思い出しました。作業終了連絡を入れる電話で二度と来ないぞ誓ったものです。でもなんかまたやったような。
そういえば現場の常連曰く、いかに手を抜くかが大事だそうで、ある意味クライミングに通じるものが。

親方。

高所作業は無いって聞いているんですが…。

炎天下での作業の際には、休憩と水分をこまめに。


G
2015.05.07 Thursday

2015年5月5日 飯縄山

冠着山 坊抱岩でのクライミングの途中で。北アルプスと戸隠が見えてなかなか良いところでした。

飯縄権現はこの山の信仰のようで。山岳信仰とクライミングを融合をすれば、新しい局面を迎える、ことはないか。


GW中の安全とクライミングの成果を祈願してきました。









坊抱岩でのベースは、大池キャンプ場にて。

G
2015.04.13 Monday

2014.4.12 五竜 GII 中央稜

土曜日夕方に晴れたので、テントから取り付きを確認。
多くのパーティーが同じルート予定なのと、春仕様の装備を試したら寒くて寝れないのもあり2時に出発。頂上で日の出。



G2は、土、草、藪、ガレ場と時々雪壁。スッキリとはしてないけど、味わい深いです。

来年はGVかな。

G
2015.04.06 Monday

2015.4.4 春のバリエーションを楽しむ 磐梯山

穂高の天気イマイチなので、磐梯山東壁から喜多方ラーメンの継続プランに。
とろける雪とチャーシューが核心でした。

翌日は那須朝日岳で百名山を2座と思いきや、雨予報で無念の「関東栃木レモン」をヤケ飲み。



G
2015.04.02 Thursday

天狗岳

2015.3.14(sat) 15(sun)

マイさん、M田

雪山テント やってみましょ♪
と、女子ふたりで手頃な八ヶ岳の黒百合平に行ってきました。

初日はお天気いまひとつ。
なおかげでしょうか?
東天狗〜西天狗のトレースなく、2人でウヒョウヒョ良いながら西天狗まで行きました。


お天気いまひとつでもこんなに美しい森!


そしてテントまで戻ってくると青空が!


この日、黒百合平には高校生のテントがたくさん!


水作ったり、じゃがりこでマッシュポテトの実験したりしながら夕食を済ませたら、おやすみなさい。

翌朝、中山峠でご来光を拝み、白駒池を目指します。

振り返ると昨日踏んだ2峰が!


生クリームのような雪面と青空!


展望台からは、ぐるりと大展望を楽しみ


白駒池の上で遊んで


高見石小屋名物「揚げパン」!
これ、ホント美味しい〜〜〜〜〜〜〜〜!


満喫したら
下山&温泉&地元のワインとお野菜買って帰りました♪

これでソロテン行けそうです!
2015.03.19 Thursday

2015年(タイ仏暦2558年) 3月14日 15日 八ヶ岳 中山尾根、赤岳主稜

バンコクから帰ってきたパートナーのリハビリ山行で八ヶ岳西面。

中山尾根ではアロイなピッチをいただきました。
着雪が多く、核心部以外もスパイシーで、ペッ マークでした。






赤岳主稜は、サバーイでサヌックでした。
天気も良く、山頂から見える景色がスワイ。



パートナーにコープクンマークカップ。

G-Diary
2015.03.17 Tuesday

2015/3/14-15 五竜岳

3月14.15日
五竜岳遠見尾根

日曜日は天気に恵まれ白岳まで行きました。
鹿島北壁を見ながらの歩きは最高ー

おかざき




2015.02.16 Monday

2015/2/15 新潟の山々

2月15日
新潟の山々

飯士山に行こうとしたら登山口に行く事ができず中止。
ついでに、新潟の山々の登山口の下見をしてきました。
飯士山、金城山、刈羽黒姫山、黒姫山、黒姫山西壁。

黒姫山西壁に行く人いないかなー


黒姫山西壁


おかざき
2015.01.18 Sunday

2015/1/17-18 旭岳東稜

旭岳東稜アルパインクライミング。今冬の目標だった旭岳東稜に誘われ、喜んで参加。大量降雪直後による雪崩の恐れ、山頂気温-21℃、最大風速25m/sの悪条件予報に内心怖気づくもアタック日は快晴、最高の登攀日和でした。
1/17 出合小屋から旭岳東稜取付までトレースを延ばす。薄雪との予報が本降りに。小屋には4張りのテント。内3パーティが旭岳東稜。
1/18 4:50発。昨晩の暴風雪でせっかく延ばしたトレースは消滅。核心五段の宮までパーティ交代でラッセル。五段の宮取付9:40着。左巻きルートを行った先行パーティのトップが5m程滑落、後続パーティのロープにひっかかって止まる。幸いにも怪我はない様子で安堵。五段の宮直登予定だったが、滑落を見て怖気づき、トップを代わってもらう。トップが核心部分を抜けたと思った瞬間、滑落。グラウンドする前で停止。直登はあきらめ左巻きに変更。降雪直後でアックスが決まらず、巻きルートと言えどもなかなか手ごわい。16:30出合小屋着、撤収、19:15駐車場着。行動時間約14時間半、アクシデントはあったものの達成感の強い山行でした。

K保さん、M井さん、Mさん、N羽













2015.01.15 Thursday

2014.12/31〜2015.1/5 北アルプス、不動尾根、ブナ立て尾根

2014.12/31〜2015.1/5

北アルプス、不動尾根、ブナ立て尾根

おかざき 他1

不動尾根は不動岳から高瀬ダムに延びている尾根、冬季の記録はネットでは見当たらない。
GWの昭和山岳会のがある。

不動尾根〜野口五郎岳の予定で入山。悪天の予報のせいか人がいない。
高瀬ダムまでは薄く足跡が湯俣方面にある。不動尾根の方面には無く誰もいないのがわかる。
この北アルプスで静かな山が約束される。

不動尾根の途中で石楠花のオーバーヘッドラッセルとなる。
心が折れ、高瀬ダムに降りる。
その後ブナ立て尾根に転戦、ブナ立て尾根は藪は無いもののラッセルがキツイ。
傾斜のある尾根はオーバーヘッドラッセルとなる。
時間切れで5日に高瀬ダムに下山、高瀬ダムのつづら折れの道も腿ラッセルである。
七倉山荘の猫に餌をあげ、高瀬館の車に戻った。



☆おかざき
Powered by
30days Album