ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017/07/22-24 白峰三山縦走 | main | 真夏の熊野”酷”道・大峯南奥駆道最南部〜小・大雲取越 ファスト・パッキング縦走 >>
2017.08.03 Thursday

2017 7/29(土) OSJ ITAMURO100 ー初100kmトレイルトライアルは雨でDNFー

 

 ITRA(国際トレラン協会)ポイント4の70kmレース5本の次は、ITRAポイント5の100kmレースを経験したい。しかしこのクラス以上になると1日でレースは終わらないので、大会開催は少なくなる。昨年まで国内で5ポイントのレースは5本、6ポイントの100マイル(160km)レースは4本だけ。だいたいがエントリー条件厳しく、申し込みもほぼクリック合戦。今年、100kmと100マイルにそれぞれ1本ずつレースが加わった。その一つ、ONTAKE 100mile/100kmとKOUMI 100を主催するOSJの新100kmレース、ITAMURO100にエントリー出来たので出場してきた。

 1周32kmコースを36時間で5周回!(=160km)する KOUMI 100と同じ周回型レースで、1周34kmコースを3周回(=102km)する。場所は栃木県那須塩原市。板室温泉をスタート/ゴールとし那須岳の西面を巡る。朝5時スタートで制限時間は24時間。関門は2周回終了時の16時間だけ。68km で16時間は、これまでの70kmレースのペースから2時間は余裕があるので、最後の3周目を10時間で行けばいい。十分完走できる可能性はあるはず…だった。天気さえ味方してくれていれば。

 

7/28(金)

 午後夏休みを取って、那須塩原へ。板室温泉で受付とレースガイダンスの後、宿へ。ここのところ温泉宿泊付きレースが続いている。レースも旅だが、レースへ行くのも旅。2つの旅が一度に味わえるのも、ロングトレイルレースの魅力。しかし、この日夜から降り始めた雨は、朝まで強く降り続く。

 

7/29(土)

 一種のステージレースなので、完走には1、2周をそれぞれ休憩入れて7,8時間以内に収め、3周目を9時間以上で回ればいい計算。できれば1,2周は6.5、7.5時間以内で行き、3周目に余裕を残したかった。しかし朝5時のスタート時には小降りだった雨はスタート後再び強くなり、結局一日中降り続いた。問題は、今回初開催のこのレース用に新しく整備した最初と最後約5キロの山中トレイル。昨日からの雨と約300人のランナー通過で、斜面の泥壁化・平地の泥沼化はなはだしく、まともに通ることもできなくなっている。雨だったが、復路の沼原池エイドまでは調子もさほど悪くなく気力も十分だった。ここからコース変更で往路の蛇行した車道をそのまま下らされた後、山中ではあまりの泥トレイルに尻餅を繰り返す。あと2回ここを通らなければならないことを考えると気が萎える。1周で2000mあった累積標高に疲労感も押し寄せ失速。正直1〜2周でレース中止になるのではと期待したほど。

 1周目ゴールは7時間16分と大幅に遅れた。休憩し気を取り直して2周目をスタートしたが、7時間半を越えてしまった。これでは2周目8時間、3周目8時間半で行かないと完走は無理。しかし往路最初の泥壁の直登・トラバースで滑りまくって再び辟易。正直言って、ここまでちっとも楽しくない。どんな悪天下のレースでも、稜線・ピークに出て周りに空間が広がり山の冷気を感じる瞬間や、山中を風を切って下っている時間はとても気持ちよく楽しかった。稜線やピークに出るわけでもなく泥トレイル以外では車道・林道と山の斜面のトラバースしかないこのコース、雨の中景色も楽しめず・走れずではちっとも面白くない。OSJのレースは初めてだが、主催者がランナー・トライアスリートのせいか、山ヤの感性には合わないコース設定が多すぎる気がする。

 最初の沼原池エイドで、スタート後10時間。1周目の時よりすでに30分の遅れ。2周目の関門も危ういペース。ここからなら車でゴールへ戻れる。雨除けのテントの下には既にリタイヤを決めた選手5人が雨宿り。そこへタイミング良く6人乗りの収容車到着...。最高の悪魔の誘惑だった。タイムアウトは何回かあるが、自らリタイヤ宣言したのは初レースのニセコ以来9年ぶり。すでに後続ランナーほとんどおらず、最下位に近かった。最後の泥トレイルは結局コース変更され、最後はずっと車道になり最終的に総距離は110kmにまで伸びたらしい。ランナーによって差がでる不公平なレースになったようだ。完走率は44%とか。1周目で7時間を超えて完走している人はいなかった。

 国立公園で、トレイルをあんなにめちゃくちゃにしたのでは、来年の開催は危ういだろうし、もうしなくていいように思う。着替えテントも用意せず、公共温泉施設におんぶにだっこの運営は問題。泥まみれの選手が押し寄せ、施設の人は露骨に迷惑そうだったが、当然と思う。深夜ゴールした人たちはどこで着替えたのだろうか。説明会にちょうど間に合うバスが無いのに、駅からシャトルバスの運行も無く、宿泊施設も少ないのに、宿の確保は参加者任せで相部屋プランも無し。まるで車で来ることを前提にしているかのような大会運営にも憤りを覚える

 

 

レース中写真は全くないけど..

S倉

コメント
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 4
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ red sole shoes
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 12
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra boost mens
http://www.curry4-shoes.us.com/ under armour stephen curry boys
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike air max 90
http://www.kyrie-4.us.com/ kevin durant shoes
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflops clearance
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron 14
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade tote
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma rihanna
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora earrings
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora bracelet
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ nmd
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 10
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ adidas yeezy boost 350
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp backpack
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock clearance
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ adidas yeezy
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air max women
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air max 90
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora charms
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes birkin bag
http://www.kd10-shoes.us.com/ lebron james shoes
ドリフトliuyuzhen
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album