ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2017.06.04 西丹沢・玄倉川 同角沢 | main | The 4100Dマウンテントレイル in 野沢温泉 65kmソロ <70kmウルトラトレイル➄> >>
2017.06.30 Friday

第4回スパトレイル(四万to草津) 2017 (STSK72K)【70kmウルトラトレイルぁ

2017 6/25(sun)

 

【スパトレイルまで】

 3月末、第13回伊豆大島100kmウルトラランニングに出た。一日中風雨の中、島2周目三原山越え2回目の途中、約80キロ地点でタイムアウト、収容された。悪天もあり完走率は50%以下だったらしいが、登りが走れない自分の力不足であった。来年以降の開催は無くなったようで、悲しいがもうリベンジはできない。

 その後4月は海外勤務で全く運動できず、筋力がた落ち。5月、帰国早々の第9回道志村トレイルレース。ハーフの20kmだったが噂どおりのタフなコースにヘロヘロ。5時間41分でなんとかゴールにたどり着き、制限6時間には間に合ったが、フルの5時間半の20km関門通過タイムだとアウトだった。

 そして無謀にも、今年2度目の100kmマラソン。第23回星の郷八ヶ岳野辺山ウルトラマラソンは、折からの猛暑日に当たり、42kmの関門を3分前ぎりぎりにヘロヘロで通過。ドロップバックを受け取り休憩していると、次の50kmの関門まで50分となり、キロ6分ペースでいかないととても間に合わない。まず無理なので心折れ、温泉のあるここでリタイア宣言。情けなかった。この大会も、完走率50%以下だったらしいが、100kmマラソンを14時間で完走するのは、今の落ちた自分の走力だと厳しい。どちらの大会も、アップダウンの激しさ日本有数の100kmマラソン。自宅から行きやすいというだけの理由だが、南伊豆といい、どうしてこう超ハードな100キロマラソンばかり出てるのか。今度は多少遠くても、もう少し楽な100キロを選ぼう。

 6月に入って、昨年雨でロングがミドルになってしまった、第8回富士忍野高原トレイルレース。落ちた筋力が上がらず、再挑戦のロング36kmの出来次第では、もう今後ウルトラトレイルは走れないのではと不安。しかし渋滞があったにも関わらず、6時間9分台で完走。総合順位は7割あたりで全然大したことない成績だが、すこし筋力回復が見られてきた。単純に2倍して月末のスパトレイル72kmの、制限13時間はなんとかなりそうであった。

 

【いざスパトレイル】

 ラントレイルのランキングで、昨年ハセツネに次いで2位の人気を得たスパトレイル。群馬の四万温泉から草津温泉へ至る、ワンウエイのこの大会、以前から気になっていた。距離はほぼ伊豆トレイルジャーニーと同じだが、累積標高が伊豆より200mも高いのに、制限時間は1時間短い13時間。走れるトレイルらしいが、伊豆でも結構走れた(走らされた)のに、それ以上走らないとゴールできない?エントリーはしたものの、走りのスピードが全く無い自分は、スタートまでずっと憂鬱であった。

 6/24(sat) 電車で群馬県中之条へ。受付と鏑木さんのブリーフィングの後、バスで四万温泉。ホテル・民宿に分散して宿泊。

 6/25(sun) 3:00起床、おにぎり4個で朝食後、雨の中5:00スタート。伊豆から半年以上、再び長い長い旅が始まった。

 このコースは、コース図の関門時間を目安にしていては、完走できない!完走者の予想時間は下の書き込みの赤字のタイム。前半は実際の関門より30〜50分は早く通過しないといけない。最初から各関門ごと頑張っても10~20分の貯金しかできず、最初から最後までいっぱいいっぱいだった。唯一フラットな野反湖周辺も、スピード遅いため貯金は全く増えず。後半はむしろ減っていく。皆が軒並み脱落していた世立八滝のバーチカルなアップダウンは、得意系なのでうまく抜け出せたが、最後の第5エイドは休憩を取ってる時間的余裕も無く、ほぼスルー。残り8.5km、最後まで時間内に完走できるかどうか全くわからない展開だったが、制限13時間の10分前になんとかゴール。雨は最初だけだったが、道はぬかるみ泥んこレース。暑くなかったのが幸いだった。自身4本目の70kmトレイル完走だったが、最初から最後まで時間に追われ続けたこれが一番きつかった。

 結局、各関門ごとの完走者通過予想タイムからの遅れの分だけゴールも遅れたことになり、このタイムの正確さがわかる。ブリーフィングの最後の最後になって教えてくれるものだから、聞かずに帰った人も多いんだろうな。途中で足湯をしている選手も多かったし。(おいおい、そんなことしている時間じゃないんだよ!)

 

選手の関門通過状況を見ると、野反湖まではできるだけたくさん行かせてあげようという主催者(鏑木さん)の意図が見える。

その後は、関門厳しくなり世立八滝までの関門で72人、とどめの滝めぐりのえぐい登りで86人がタイムアウトになってる。

最終関門を追加できたものは、2人タイムオーバーだが、全員完走できてる。

完走率は77%だったらしい。

 

さて、来月はいよいよ100キロトレイル・24時間、初体験です。

 

 

【おまけ資料】

伊豆大島100キロウルトラランニング

島を2周する。三原山も2回昇降。

 

星の郷 八ヶ岳 野辺山高原100kmウルトラマラソン

 

S倉(M&Cトレイル部)

 

 

 

 

コメント
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin trainers
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan retro 12
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy boost 350
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie irving
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ ultra boost uncaged
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop sale
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry 4
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon shoes
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron 14
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy boost 350 v2
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike flyknit
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 12
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade backpack
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora jewelry
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes handbags
http://www.airmax90shoes.us.com/ air max 90
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma shoes for women
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sandals
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air force
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop sandals
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 10
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora bracelet
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy 350
ドリフトliuyuzhen
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album