ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【ウルトラトレイルレース】 伊豆トレイルジャーニー (ITJ) 2016 | main | 4年ぶりのアイス復帰 〜八ヶ岳・醤油樽&夏沢鉱泉アイスギャラリーG4〜 >>
2017.01.06 Friday

年末の『熊野古道小辺路』トレイル (高野山〜熊野本宮:68km) 〜雪山縦走&トレラン〜

2016 12/30(金)~31(土)

 

2015年の五月連休に歩いた熊野古道・中辺路に続き、今度は年末に高野山から本宮大社を目指すことにした。小辺路である。

当初は、ファストパッキングでのトレラン縦走を予定してたが、年末も近づくとさすがに寒く、冬用防寒装備は必須に。

そうなると自分のトレランザックの中で最大容量の28Lにも荷が収まらず、仕方なく冬山登攀用35Lを使わざるを得なくなる。

飲料水2Lを加えると14キロになり、ファストパッキングからはかけ離れた重さに。これで走れるのか?

 

12/30(金)

夜行バスで早朝梅田着。JR大阪駅から南海電鉄経由で極楽橋、そしてケーブルで高野山駅へ。

高野山は2回目なので、迷わず千手院橋から小辺路のスタート地点へたどり着いた。

それでもスタートは10時前になってしまった。高野山を早朝スタートしたいなら、前日に宿泊は必須だ。

高野龍神地域は寒いと聞いていたが、本当だった。今回前半、伯母子峠を越えて三浦口に降りるまで、かなり積雪してた。

林道・車道は歩いてると時間がかかるばかりなので、できる限り走ることにしたが、荷物が重すぎ快適からはほど遠い。

ザックもトレラン用ではないので、揺れるし、肩に食い込むし、行動食を食べるのに毎回ザックを下ろさないといけない。

初日は結構疲労し、伯母子(おぼこ)峠の避難小屋に着くや、まだ16時前で少し早かったが、中でツェルト張ることに即決。

しかし考えれば、コース中一番標高の高い(=寒い)ところで一夜を明かしてしまったのだった。

日は暮れたろうが、がんばって三浦口まで下れば、雪の無いとこで、あんな寒い思いもせず快適に寝れたかも知れない。

 

12/31(土)

起床予定時間を寝坊した。お湯も沸かさず、朝5時半すぎ早々に出発。こんな寒いところから早いこと脱出したかった。

ヘッ電で雪道を下り、三浦口に着くころにはすっかり明るくなっていた。ここで公衆電話で家族に無事を一報する。

小辺路は、山中では携帯はまず使えないが、急降下してたどり着く各集落には公衆電話があり、定期的に連絡は取れる。

もちろんトイレ、自販機もある。山中を含め水場も要所要所にある。2日目は水500佞里澆了参で十分だった。

三浦峠はまだ凍ってて寒かったが、ここ以後雪は無くなり、本宮まで最終バス時刻がゴール制限のトレイルレースだった。

理想的には、もう一泊して、小雲取越〜大雲取越から那智大社まで行く計画だったが、この荷物の重さではもう十分だ。

温かい季節に、それこそファストパッキングで、1〜2泊で快適に一気に駆け抜けたい。

最後は再びヘッ電で熊野本宮大社に18時35分着。18時58分の最終バスに間に合った。

地図上では総距離約68キロ。2日間の合計行動時間19時間。12〜14キロの荷物でツェルト泊を考えると悪くないタイムでは。

重い荷物を担いで走っていると、ふと国体山岳競技の縦走競技を思い出した。ちょうど、奈良・わかくさ国体の頃だったし。

あんな苦しいこと、よくやってたものだ。

 

熊野古道は、巡礼の道。最も楽に山を越えるため、山頂はパスして最低鞍部を経由してる。だから山の最高部はどこも峠。

登山道も、貴族を乗せた籠でも、楽に担いで登り降りできるようにか、急登は無く、ジグザグのつづら折れで高度を上げる。

力さえあれば、登りも結構走れるということだ。小辺路ルートは、それ自体が最高のウルトラトレイルコースだ。

走れる車道・林道・下りの山道、3つの1000mの峠越え一気登りと一気下り、68キロ以上の総距離、5000mを越える累積標高。

スタートとゴールは有数の観光地かつ聖地ゆえ、実施は不可能だろうが、実現すれば日本有数の人気レースになろう。

特に三浦峠からの下りは極上。ここを使った、小辺路トレイルジャーニーというトレイルレースがあるのも納得。

果無(はてなし)峠からの下りも快適だった。でも長い。昔の人には、どちら側から登っても ”果て無し” だったのだろう。

 

近い将来、吉野山から熊野本宮へ、いよいよ最長・最難の大峰奥駆路をトレランでトレースしたい。

 

 

 

 

S倉

 

コメント
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air max women
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy 350
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp le pliage
http://www.lebron15-shoes.us.com/ nike lebron men
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy boost 350
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade laptop bag
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie irving shoes
http://www.jordans11shoes.us.com/ new jordans
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock clearance
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora charms
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop shoes
http://www.kd10-shoes.us.com/ lebron james shoes
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora bracelet
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy boost 350
http://www.jordan11spacejams.us.com/ space jam 11
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike flyknit
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ red bottom shoes
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes handbags
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 4
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry shoes
http://www.fitflops-sale.us.com/ fit flops
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ vapormax
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra boost uncaged
ドリフトliuyuzhen
http://www.adidas-eqt.us.com/ adidas eqt
http://www.boseheadphones.us/ bose headphones
http://www.stussy.com.co/ stussy sweatshirt
http://www.levis.us.com/ Levis
http://www.salomons.us.org/ salomon boots
http://www.ecco.in.net/ ecco sandals
http://www.clarks.in.net/ clarks outlet
http://www.salomon-shoes.us.org/ salomon speedcross
http://www.bose.us.org/ bose
http://www.katespadepurses.us.org/ kate spade
http://www.eccoshoesoutlet.us.org/ ecco sandals
http://www.stussyclothing.us.com/ stussy sweatshirt
http://www.katespade-handbags.us.org/ kate spade purses
http://www.levis.us.org/ levis outlet
http://www.timberlands.us.org/ timberland boots
http://www.katespadebags.us.org/ ate spade handbags
ドリフトliuyuzhen
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album