ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2016.9.17 一ノ倉沢本谷〜4ルンゼ | main | 2016/9/1-9-10 ヨセミテ ワシントンコラム他(後編) >>
2016.09.24 Saturday

2016/9/1-9-10 ヨセミテ ワシントンコラム他(前編)

記:マイ

ちょっと遅くにとった夏季休暇を利用してヨセミテに行ってきました。

パートナーはいつものshu。

 

初めてのヨセミテ。

毎日PCの画面で見ていたヨセミテ。

GWのインディアンクリークでアメリカ大陸のでかさに感動したのですが、

ヨセミテの壁もでかかった。

 

 

ビッグウォールをやってみたくなったのが6月くらい。

ヨセミテに行くことに決めたのが7月頭。

トレーニングは2か月程度。

あまり練習期間がなく、かなり詰め込んだ日程でしたが、とりあえず行くことはできました。

 

選んだルートはワシントンコラムのサウスフェース(South Face, Wasington Column)。

ビッグウォールと言うとみんなまずはノーズを思い浮かべると思うのですが、

さすがに私の技量とトレーニング期間を考えると、ノーズはかなり苦しいと思い、

他にC1の易しいルートを探したら、ワシントンコラムしか選択肢がなかったのです。

 

 

憧れのヨセミテですが、今回はワクワクするよりも不安の方が大きく、どちらかと言うと気分は沈みがちでした。

出発前の最後の練習で壁の途中で土砂降りに遭い、ロープやギアを乾かすのに苦労したりと、準備万端で出発というわけにいかなかったせいもあります。

 

到着後、予約していたUpperPineキャンプ場に一泊し

翌日(2日目)、日の出前に並んでなんとかCAMP41週間滞在の権利をゲット。

念願のカリフォルニアジリスにも会えました。

 

まずは岩に慣れるため午後に簡単なマルチを1本。(After6,Manure Pile Buttress)

 

 

出だしのツルツルレイバックと岩の熱さにちょっとビビりましたが、サクッと終わって、頂上に着いたらヨセミテに来たんだなあと実感がわきました。

出発前の2週間は雨がちな天気だったので、埃っぽい乾燥した空気が新鮮でした。

 

この後、ヨセミテバレーのマウンテンショップに立ち寄り、DMMのオフセットナッツを一揃え購入。

ピトンスカーにはオフセットカムやオフセットナッツがあると良いと聞いていたのですが、日本だとショップに置いてないので現地で実物を見てから購入することにしていたのです。

 

翌日(3日目)、CAMP4から歩いていけるSwan slabでオフセットナッツを試してみました。

Aid Routeという2ピッチのクラックがピトンスカーに慣れるのに良いよみたいなことがトポに書いてあったのです。

 

 

 

ピトンスカーって私のフィストくらい大きいんだな!

ハーケンの大きいやつくらいに考えていたのでフィンガーくらいだと思ってたら大間違いでした。

結構大きいサイズありました。

 

午後は、Church Bowldへ。

Swan Slabで少し消耗していたのと、午後の暑さのせいもあってか、

人気ルートのBishops Terrace(長い5.8)やChurch Bowl Lieback(レイバック怖い)にすぐに取り掛かる気にならず

いちばん端っこのBlack is Brownという80フィート(約25m)の短いルートが良さそうだと取り付きました。

出だし日陰だし、だいたいの壁で端っこは簡単ですから。。

 

ルートの全貌が見えなかったのでトポを信じてカム少なめとオフセットナッツを持って行ったのですが・・・

 

 

最初かなり間引いて登ったもののカムがなくなり、オフセットナッツがいくつか使えて無事オンサイト。

絶対30mは登ったなあと思っていたら 下からフォローで登るとの声。

40mはあった模様。それに5.8にしてはかなり難しく感じました。

後で調べてみたら、ネットでは145フィート5.9になっていました。GeneratorClackの最後の20フィートのスクイーズ(5.9)より難しいとのコメントもありましたが、GeneratorClackを登ってないので比較のしようがありませんが、難しいと言われればちょっと誇らしくもなります。

とにかく、トポを鵜呑みにしたらいかんなあと思いました。

この2か月間ほとんどエイド練習だったので、久しぶりにフリークライミングで、思い切り登れたこの1本はかなり嬉しく、印象に残りました。全然見栄えしないのだけれど。

 

4日目

午前軽くSwan Slabで登った後、ワシントンコラムの取り付きに水をデポしに行きました。偵察も兼ねています。

ワシントンコラムのサウスフェースはヨセミテビッグウォールの中でも一番人が多いと聞いていたので、

人が多かったらどうしようとも心配していました。

 

アワニーホテルから45分で取り付き、のはずでしたが、1時間経ってもまだサイクリングロードとホーストレイルをウロウロしてしまいました。

というのも、調べたアプローチ情報によると、「ホーストレイルを横切ってちょっと奥に入るとクライマーに向けた注意書きの看板がある」とのことだったのですが、全く見つからず。

ワシントンコラムはすぐそこに見えているのですが、クライマー道の入り口が見つかりません。

仕方ないので、片っ端から踏み跡っぽいところを全部調べることに。ボルダー道やトイレ道(!)もかなりありましたが

結果、一番最初に怪しいと思っていたあたりのもっと奥に進んだらケルンらしきものがあり、やっとコラムの壁沿いに行くことができました。

 

それから取り付きまでは4級程度の登りとあるのですが、

基部らしき場所までは なんだかもろそうな頼りない露出した斜面が続いていて・・・

怖いなあと思いながら恐る恐る登っていくと、上にしっかりとした道があったのでした。

 

取り付きには、すでに誰かのデポがあって、明日の登攀混雑を心配しましたが、よく荷物を見るとポーターレッジがあったので、

SouthFaceではなくもっと難しい東面を登る人たちかなと思いました。

帰りはすっかり暗くなってしまいました。

すると、ワシントンコラムの壁の途中に明かりが灯っているのが見えました。

混雑は心配なくせに、誰かが壁の中にいるとわかるとちょっと安心するのが不思議でした。

 

5日目

いよいよ出発、日の出前の5時半にアワニーホテルを出発、

6時過ぎに取り付きについて準備

7時半に登攀開始しました。

 

1P目、いきなりカムの選定を誤って、カムを荷揚げしたり、ルートファインディングに少し手間取りましたが無事8時半に終了点につきました。

 

 

横のハンドサイズくらいのクラックからツバメが一斉にビュービュー飛び出してくるのが素晴らしい光景でした。

なぜかみんなで一斉にクラックからせーので一列になって出てくるのです。面白い。

ツバメは、キャッスルトンタワーでも、カンマンボロンでもすごい勢いで飛び回っていたのが印象的で、

ここヨセミテでも出会えたことに嬉しくなりました。

 

そして2P目。

オフセットナッツの活躍とアクシデント(?)発生。

 

後半に続きます。

 

 

 

 

 

コメント
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ ultra boost mens
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air force 1
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 4
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma sneakers
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra boost uncaged
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 4
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp bag
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes birkin
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora jewelry
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade laptop bag
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 9 elite
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora necklace
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora jewelry
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflops clearance
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin shoes men
http://www.curry4-shoes.us.com/ under armour stephen curry
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy boost 350 v2
http://www.lebron15-shoes.us.com/ kevin durant shoes
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike vapor max
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas originals nmd
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike flyknit
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 7
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan retro 12
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop shoes
ドリフトliuyuzhen
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album