ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2015/12/12-13 広河原沢左俣、3ルンゼ | main | 2015年12月19,20日 瑞浪 >>
2015.12.17 Thursday

阿弥陀岳中央稜

2015/12/12(sat)-13(sun)

先週に引き続きアイスを登るべく、今回は広河原へ。
一番乗りで二俣に着くと雪はなし。
嫌な予感?

左俣に入りF1、F2と見て回ったがどこも登れない・・・。
急遽、師匠Yさんがアイス→歩きに変更案を。
中央稜〜阿弥陀岳〜赤岳鉱泉まで行こう、と。

思いがけず山歩きができることになって、ルン♪

御小屋尾根や南稜に比べたら格段に短い中央稜。
予想に反せず?やはりどこまでも続く急登でゴザイマシタ。

でも!
(金)に降った雨で苔は美しく潤い


標高が上がると植生も変わり、ハイマツの香りが爽やか♪

キバナシャクナゲの花柄が濃い朱色で、まるでお花が咲いているよう!


霜が降りたコケモモは、摘むと崩れてしまいそうに柔らかく完熟!
それは若い実がリンゴのように甘酸っぱいのに比べて、甘さが強くシャーベットになっていて美味しい〜♪


視界が開けると権現岳の左に富士山!
編笠山の右には甲斐駒〜北岳も!
しかし眼下の森には雪はなし。

御小屋尾根と合流間近になって、ようやく阿弥陀岳がガスの中から現れた!


そこから山頂まではあと少し。
前の週に登った西面にはほとんど雪がなくなってしまったことに驚きながら眺めていると・・・・
ブロッケン!!!!
しかもくっくり♪


山頂に着くと風もなく穏やかな小春日和。
御料局三角点にタッチして♪


素晴らしい雲海に感動し


登山者をモデルに撮影したり


西面に雪化粧されるのはいつでしょうか?


まったりと山頂で過ごしたら、一気に鉱泉まで駆け下ります。
鉱泉手前の橋からは、ガスが薄紅色に染まり美しく。


小屋にはガイドさんたちが大勢いらしていて、冬が始まったんだなぁ、と実感。
夕食は脂ののったホッケ♪

翌日は朝まで行き先を思案しつつ、結局2週連続で裏同心へ。
氷はだいぶ融けていましたがなんとかF2まではしっかりと登れました。


鉱泉でマレーシアカレー食べて、キャンディーの成長ぶりを確認したら


下山し、車を船山十字路まで回収しに戻り、帰路につきました。

スーパーエルニーニョ、っていつまで続くのでしょうかねぇ?

M田
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album