ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2015/8/14-16 薬師沢から薬師岳 | main | 2015/8/22-23 黒部源流 赤木沢 >>
2015.08.22 Saturday

日光鬼怒川 赤岩沢〜魚沢下降

8月15〜16日で日光鬼怒川の赤岩沢〜魚沢の沢登りに行ってきました。

メンバーはヒロさん、Mさん、若輩者のon。 14日前夜発で東北自動車道で川俣温泉へ。高速降りて車にはほとんど会いませんでしたが、利用した駐車場には車が満員!温泉客もいたみたいです。

翌朝、各々準備をして、6時発。
2時間弱のアプローチ後、出合いでガチャ類装着して出発です。



晴天の中、気持ちの良い沢登りができる期待を胸に歩を進めます。

第1核心の大滝でヒロさんリード。ホールドも有り、気持ち良く登れました。が、滝の抜け口がホールドが少なくて少し悪かったです。


越えてからまたしばらく歩いている途中、onの沢たびのフェルトがはがれ始める…。Mさんの指摘を受け、テーピングで固定しました。しばらく履いていなかったため、劣化してしまったみたいです。反省。

そこからしばらく歩き第2核心の2段の滝。ヒロさんリード。下段は左から巻道は有りましたがヒロさんはリードで登ってしまいました。

フォローしての感想としては、下段がすごい。ホールドはガバですが、引き付けるとはがれ落ちそうでした。掴むとカタカタ動く!怖いっ!慎重に。


核心を越えて小さな滝を幾つか越え、源頭付近で魚沢の下降を開始、練習も含めて懸垂下降を駆使して降りていきます。

14時頃に本日のテン場着。ナメの近くで明るく開けた場所でした。
タープを張り、燃料を集めて焚き火。

酒も手伝い、ぱちぱち弾ける焚き火を眺めながらの幕営は至福のひと時でした。



夕方から夜にかけてうつらうつらしていた所、雨が降りタープ下へ。雨が降り、何度か夜中に増水を懸念し確認しに行くものの、大きな影響は無し。

翌朝、快晴に恵まれ6時に起床、片付け等ゆっくりし8時発。onははがれたフェルトにビビり、何度かコケましたが無事下山。

魚沢の大滝は赤岩沢より赤く、むしろこっちが赤岩沢では?と感じました。

12時に出合い着でそこから20分弱で駐車場着。
温泉に入り汗を流しました。



帰りはお盆の渋滞となりましたが、思っていたよりかは混まず、やや早めに帰ることが出来ました。

ヒロさん、Mさん、ありがとうございました!
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album