ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2014/11/8-9 三つ峠 レスキュートレーニング | main | 2014/11/22-24 名張 クラック >>
2014.11.16 Sunday

11/15、16 御在所 前尾根・一の壁 

11/15 前尾根 ノーマルルート
11/16 一の壁 フリー
メンバー:すぎさん、ひろさん、まい(記)
同行パーティー:28さん、他2

すぎさん「いやー、初めての岩場はやっぱりいいね」
ひろさん「ええ、楽しかったです」
まい「寒いのも含めて楽しかったです!」
すぎさん「いやそれは・・・」

というわけで、M&Cメンバー4人とも初の御在所、楽しみました。
寒かったです。もう氷が張っていたのですよ。



 
<1日目>
前尾根は混雑しそうなので、7時に登山口を出発。
スムーズに取り付きへP7基部に到着。

先行してアイゼントレーニングパーティーが1組。続々とクライマーがやってくる様子なので
急いで準備。
「まいちゃん、いく?」と言われたので、先にリードさせていただきました。が
登り自体は問題ないものの、フォローのビレイが大変!
2人とも登るの速いし、ロープの振り分けがぐちゃぐちゃに・・・
ロープが絡まって怒られました。
少し、しゅんとなるも、
「もう2,3ピッチリードして」とのありがたい言葉。
アイゼン組に続いて登って、次こそは、と 頑張ってロープ絡まないようにビレイ。
でもなかなかうまくいかないもんです。絡まりはしませんでしたが。

P6でチムニー登りたかったものの、チムニー見て無理と思い、トラバース戻ってノーマルルートに。
次ぎ来たらチムニー登りたい・・・

P5(だと思う)で凹角を登って行ったら、上部ですごい音がする。
風の音、先行パーティーのジャケットがはためく音。
岩のてっぺんに抜けようと思ったら、ものすごい風。凹角から出るのにためらいました。
右側に日の当たるよさそうな支点があったので、そこで切ろうと思ったのですが、
右側の壁下部の隙間からものすごい風が来て、ビビって支点つくりにかなり手間取ってしまいました。
ジャケットも来てないし、ビレイしてる間にかなり冷えてしまいました。
なめたらいけない、11月の御在所。

ふと左を見ると、半パンのお兄さん。「うわっ、さみぃ〜」って、そりゃ寒いですよね。
あとで寒そうですねと声をかけたら「まあ、許容範囲内です」と。ガイドさんのようでした。

その後、先輩2人到着し、やっぱり風に少し驚きつつ、先に次の岩峰へと行ってもらいました。
私も続いたところ、ロープがぐいぐい引っ張られる!
おもわず「ひっぱらないで!!!」と叫ぶも、引っ張っているのは風なのでした。

その後 寒さに負けて、アプローチシューズで2ピッチほどのぼり(もう、全部リードしなよってことで、ありがたいことに全部リードさせていただきました^^)



ヤグラが楽しかった!
写真は 別パーティーでヤグラを登る28さん。



13:30にP2ヤグラ終了。この後、御在所頂上まで行きたかったのですが、
天気が怪しく、雨ときどき雪になったため、下山しました。
虹がきれいでした。


防寒対策はもっとちゃんとしていけばよかったなと思いました。
凍傷経験ありの2人には寒いおもいさせてすみません、そしてリードさせていただきありがとうございました。


<2日目>
前日、寒さ&睡眠不足&早めの宴会のため 19時に寝るも、起きたら6時半。出遅れた!
28さんたちは既に中尾根に出発してしまったようです。
私たちは、でっかい一の壁で登ろうということに。

駐車場はすでにいっぱい。
日曜のほうがクライマーが多いようです。
一の壁は見えているのに、なぜかアプローチ間違って中尾根のほうに行ってしまい、うろうろしました。


到着すると中尾根のとりつき迷っている28さんパーティーが見え、結局一の壁で合流。

一の壁はおおきいです。たくさんのクライマーがいました。


ここ、のぼったらフォロー回収⇒歩いて降りる のがルール。
トップロープできません。そのため順番待ちが発生しない!
良くできたシステムです。フォローは絶対上まで行かなければならないし。
簡単だけど何度登っても 素晴らしい眺めに感動。

対岸の登山道にたくさんのハイカーがいて、そのうち一人が手を振っていました。
思わず手を振り返したら、ほとんど全員が手を振り返してくれました。
しかも「ガンバって〜」との声援。
わ〜、なんかの舞台みたいです!
御在所はクライマー歓迎な感じがいいですね。



それから 宇宙遊泳10bのクラックで遊びました。
ここは短いのでトップロープ可。(他にやる人もいなかったので)

リードするすぎさん。見栄えするかっこいいルートです。


私の番。すぎさんから「トップロープだからノーテンでね」とのオーダー入りました。
毎度ありがとうございます!おかげさまで頑張れます!

なんとか力技でノーテンで登れましたが、もっと楽に登りたいです。
最後のハング越えはほとんど懸垂だった・・・反省。
次ぎ来たらリードしたいです。

やっぱり花崗岩のクラックは楽しいです!




 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album