ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2014.09.20〜22 山形クライミング | main | 2014/9/27-28 涸沢〜奥穂高岳 >>
2014.09.25 Thursday

Ala Archa キルギス

2週間程キルギスに。

安宿の情報ノート風に

キルギスタン

日本パスポートは60日間ビザ不要

行き方
モスクワ経由のアエロフロートが毎日便があり便利
その他ソウル経由でカザフスタンのアルマトイに入り、陸路で入国するのもあり。
時間があれば中国のカシュガルから陸路で入るのも道中の景色も美しく良いみたい。

基本情報

1USドル=約50ソム 両替所は各所に。アメリカドル、ユーロ。日本円は使えない。
ATMはロシア後。クレジットカードを入れれば英語メニューになる。ならないところもある。
空港から市内まで。タクシーで400-500ソムくらい。
基本ロシア語。ビシュケクはロシア語。地方はキルギス語が話されている。英語は意外と通じた。

ビシュケクの宿
日本人宿はさくらゲストハウスが有名。
泊まったのはNomaD Hostel(http://hostelinkg.com/en/) ドミ15$は高いけど
2013年開業。キッチン、Wifi、バスタオル、インスタントコーヒー。受付の女の子達は英語できる。かわいい。
宿の前が市場なので買い物が便利。山行中不要な荷物は受付横に残置可能。似た名前の古い宿もあるので注意。

観光
街並みに歴史があるわけでもなく、特にやることはないけど、オシュバザールは良いです。
上記Hostelからはマルシュルートカ(乗り合いタクシー)の114番で。(距離にかかわらず10ソム)
114番はレストランFaiza近くやドルトイバザールも通るので便利。

食事
ファーストフードは安くていっぱいある。2-5ドル。
その他ラグマン、プロフ、マンティと定番中央アジアご飯も。
有名?なレストランFaizaはロシア語メニューしかないけど、店員が英語できる人(客)を連れてきてくれたりと親切。
ここではやはりラグマンが美味しいと思います。料理は大きさが大小選べるので色々食べたい場合良いです。色々頼んで一人5-10ドルくらい。
場所柄、夏は野菜、果物等豊富で安くて美味しい。冬は逆転。

山での食事に関しては、スーパーでほとんど揃う。ソ連時代に、朝鮮半島近辺からの移住もあったので韓国製食品もある。
日本食を希望する場合には日本から持っていくしかない。


ビールが500mlで2-3ドル。地元の酒はウォッカとコニャック。安い。

アウトドアショップ&ガス缶

Redfox(ロシアのアウトドアウェアブランド)
上記ホステルから線路のある方に歩いて行き、線路を越えてしばらくいったところ。地下にある。扉が閉まっていても開ける。ギアはあんまりない。

Suport Expert
タクシーで150ソムくらい。
サレワとペツルのクライミング用品あり。

その他店、個人でやってるロシア製クライミングギアの店があるけど、不定期休。

ガスは空き缶に再充填したのも新品に比べて安く入手可能。ベースで使う分には十分。

クライミング
ルートジムはビシュケクに2箇所。ボルダーが1箇所
スポーツルートの岩場は車で30分くらい行ったところにあるよう。
アルパインクライミングは車で1時間でAla Archa国立公園で。入場料80ソム

Ala Archa国立公園
麓に赤い屋根のホテルがあり、正面に大きな谷が続く。こちらの散策ルートは(赤印)で、クライミングのある山へは左手の青の表示をたどる。
3-5時間程で山小屋(Ratsek Hut)。ベッドは一人500ソム。テン場は一張200ソム。
在庫があれば、ビール、ウォッカ購入可能。食事提供は基本なし。事前予約すれば可能。お金を払えばサウナを炊いてくれる。水はとれる。
ロシア人が多い。ロシアにとっての八ヶ岳的な、アルパイン入門から新ルート開拓まで色々。

ロシアのアルパイングレードについて

1A,1B,2A,2B...5A,5B,6A,6Bと難しくなっていく。
1Bまでは歩きのみ。2Aからはロープを使う所が出てくる。
標高や登攀の距離、ピッチ数が加味された全体のルートに対してのグレードなので、基本各ピッチのグレードはわかりにくい。
単純な換算で2AならUIAAでのIIという風にも書かれていますが、そういう風に感じるところもありますし
2Aのルートでも数メールですが日本で言うIII-IVくらいに感じるところもあり。

プロテクション
ピトンの残置も多少あるが、ほぼカムとナッツ。

高度順応
Uchitel Peak (4500mくらい) 1Bが使われている。
山小屋から3-5時間 山小屋の100mくらい先にもう一つ銀色の小屋があるのでそこから取付き。ところどころにケルンがあるのでわかりやすい。

その他
小屋の周辺の岩峰もフリーで登れる。
小屋の正面に短いトップロープのルートがあり、暇つぶし可能。

ルート図
かなりの数のルートが開拓されているようですが。下記ここに少し載ってます。ロシア語ができれば色々あるのかもしれないけど。
http://mountains.tos.ru/alarcha.htm
http://mountains.tos.ru/tiensh.htm

ロシア語のガイド本ではこういうのがあるみたいです。
http://www.equip.ru/shop?mode=product&product_id=2273400

アイスクライミングのルートなど、条件により夏に登れないルートも多い。

その他リンク

Kyrgyz Apline Club
http://www.kac.centralasia.kg/
JICAのボランティアスタッフがいる

KMGA Kyrgyz Mountain Guide Association
http://mguide.in.kg/en

ITMC 手配会社 日本人利用が多い
http://www.itmc.centralasia.kg/

大手
http://www.ak-sai.com/

地図
金を出してこれか、という内容だけど、これしかない。
http://www.amazon.co.jp/Kyrgyzstan-A-Climbers-Map-Guide/dp/1933056002

旅行写真へのリンク
Kyrgyz2014Sep


G
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album