ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.10.18 Thursday

インド・ヒマラヤ、ガンゴトリ氷河〔ガンジス河源流〕トレッキング 〜タポバン〔シヴリンBC〕往復〜

2018 10/4~6

 

10/1

ムスーリー=ウッタルカシ

10/2

ウッタルカシ=ガンゴトリ

10/3

ガンゴトリ滞在

10/4
ガンゴトリ3048m→チルバサ3500m・9km、3h30m。
チルバサ3500m→ボジバサ3792m・5km、2h。
10/5
ボジバサ3792m→ゴームク3890m・4km、1h15m。
ゴームク3890m→タポバン4463m・5km、2h30m。
タポバン4463m→ボジバサ3792m・9km、3h。
10/6
ボジバサ3792m→ガンゴトリ3048m・14km、5h。
ガンゴトリ3048m=ウッタルカシ

10/7

ウッタルカシ=リシケシ

 

 

 

 

 ↓霜の花。このような植物をフロスト・フラワーというらしい。

 

 

 20年前に初めてインドを訪れてから、今回で14回目のインド。今まで、ダージリンからカンチェンジュンガを眺めたり、スリナガルで雪山の近くまで行ったことはあったが、本格的にインドヒマラヤにわけ入るのは初めてだ。

 インドヒマラヤには、ガンジス河の源となる聖地が4つ(ヤムノトリ、ガンゴトリ、ケダルナート、バドリナート)あり、毎年多くの巡礼者を迎える。問題は各聖地に至る道路で、やたら事故が多いということ。落石、土砂崩れ、車両の転落事故等で、毎年全体で数百人が亡くなっているという恐ろしいアプローチ。車体・タイヤが信用ならない路線バスは避けた方が無難か。乗り合いジープかタクシーをチャーターするのが安全。ガンゴトリから帰る道中でも、数日前バスが転落したらしかった。

 起点は、ヨガの聖地で有名なリシケシが一般的だが、今回我々はムスーリーから入った。どちらからにせよ、1日でガンゴトリまで入るには10〜12時間かかるので、安全のためにも、中間のウッタルカシで1泊するのが普通。また、タポバンまでのトレッキング・パーミッションは、ウッタルカシでしか取れない。

 ムスーリーからウッタルカシは、山を越える最短距離で来た。道はわりと良かったが、それでもすごいワインディング・ロードで、相方はひどい車酔い。ウッタルカシからガンゴトリまでも同様で、ガンゴトリまで約2000m標高があがることもあって、相方は着くなりぐったり。翌日1日を休養日に充てる必要があった。車酔いしやすい人には、つらいアプローチ。

 ウッタルカシのパーミッションを発行するForest District Office (FDO)は、街から離れたとんでもない所にある。ウッタルカシもガンゴトリも、リクシャーは無く、行くならタクシーで行くか歩く(1時間くらいかかる)しかない。日曜は休み。

 ガンゴトリに向かう途中でFDOに寄ってもらったが、平日にも関わらず閉まっていた?! (ガンジーの誕生日だったせいか?)。

 ガンゴトリでもパーミッションは取れるが、オフィスが開いているのは朝夕の2時間のみ。単独行とタパバンのパーミッションは下りない。取れるのは、ゴームクまで2日間のパーミッションのみ。入山者は1日150人までと決まっているので、巡礼シーズンだとパーミッション取るのに何日もガンゴトリで待たないといけないこともあるらしい。初日、オフィスが開く前から並んだが、個人でタポバンまで行くのはどうにも難しそうなので、ガイドを一人雇い入れ知恵を得る。ゴームクまでのパーミッションで、3日かけて未許可でタポバン往復し、帰りにゴームク往復してきたことにして1日分の延長料金を払えばいいと。タポバン行く場合は、皆そうしているそうだ。

 翌朝、ガイドが一緒にいても、1回でパーミッション下りず(理由不明、インドだ...)、夕方もう一度オフィスへ。年齢が60近いということで、オフィスの近くの診療所で健康診断書をもらってくるように言われた。行ったが、診療所は閉まっており誰もいない(インドだ...)。1時間近く待って、帰ってきた医者?に血圧とパルスオキシメーターでSpO2(血中酸素飽和度)を測ってもらい、お金払って健康証明書を発行してもらった。これでようやくパーミッション、ゲット。ウッタルカシを含めて、オフィスに4回足を運んだ。インド疲れる〜。

 ガンゴトリは、苦労して到達した甲斐あって、素晴らしいところ。ロッジもレストランも充実している。登山用品店もあり、ガスボンベも入手できる(ウッタルカシでも同じ)。薬局も多く、ORSやダイアモックスも手に入る(ウッタルカシも同じ)。トレッキング自体は、ルンルン。ただし宿泊施設はボジバサにしかなく、快適なロッジや食事の種類は期待できない。今回泊まったアシュラムの食事の清潔度には問題があったようた。うちの相方は、その後おなかをこわして熱を出した。自炊したほうが良かったかも。

 タポバンは、未許可でも行く価値のあるところ。サドゥがいる掘っ建て小屋があり小人数なら宿泊も可能らしいが、その他にも泊まれそうな洞窟もいくつかあった。通常はテント泊。ここにテン泊できたら最高だったと思うが、ツアーでしか可能ではなさそう。

 ガンゴトリ氷河を横断するところは、トレースが判然としない所が多い。タポバンの場所を知っていれば、ガイドの必要性は必ずしも無いかも知れないが、初見ではガイドをつけた方がいいだろう。今回、ボジバサで泊まる所がアシュラムになったが、希望すればロッジにも泊まれると思う。食事は期待できないが。

 

 

S倉

 

 

2016.07.21 Thursday

2016/4/21-5/16 アンナプルナ山群

 

メンバー:KEN

 

4/21日から5/16日までアンナプルナ山群に行って来ました。

秋にマナスルに登るのでトレーニングに行って来ましたが、

登頂したテン・ピーク(5695m)は中々テクニカルな山で面白かった。

 

トレーニングなので5/1日と5日の2回登りました。

シェルパ1人、ポーター2人と私の合計4人の小さな登山隊でしたが、和気あいあいと

楽しむことが出来ました。

 

マチャプチャレ(左)、テンピーク(右)を背景に。2回目の登頂です。    

1回目の登頂は10時間かかりましたが、2回目は5時間半でした。    

高い山は高度順応次第です。    

 

テン・ピーク稜線から氷河盆地への下降    

 

南アンナプルナ氷河からアンナプルナ南壁を望む    

 

テン・ピーク    

 

(8月末からはいよいよマナスルです M&C HP担当追記)

 

2015.05.12 Tuesday

女王の微笑み(仙丈ヶ岳)

2015.4.25(sat)-26(sun)

残雪の仙丈ヶ岳を歩いてきました。(M田)

歌宿までのバス開通日初日1便で、1月に袖にされた女王に会いに行ってきました。
ソロテン@仙丈小屋(冬期)(貸切!)

おかげで素晴らしい光景の数々に出会い、思わず涙しました。

女王は、微笑んでくださいました♪

































ソロでしたが、同じバスに乗り合わせたソロの方たちと山頂でワイワイと♪


ルリビタキと一緒に帰りのバスを待ちました♪
2015.04.24 Friday

2015.4.18-19 白馬岳主稜

2015/4/18(sat)19(sun) 
メンバー:Gさん、ナカガワさん、いのっちさん、M田(記)

憧れのクラッシックルート「白馬岳主稜」に行ってきました。

お天気に恵まれて、朝から日焼け止め塗り塗り。
林道が翌週開通なので静かな残雪の北アルプスを期待して。

二股〜猿倉の路面上には雪なし。
猿倉でアイゼン装着して、白馬尻へ。
既に強い日差し!
前方に見えるは、これからとりつく主稜と白馬岳!


白馬尻
既に大きなテントは空。
空が青いなぁ〜!


取り付き、8峰から順にアップ&ダウン・・・とコブを越えて行く。


振り返るとけっこう高度が上がってきている〜!


途中、信州大学山岳部の爽やか3人組みに抜かされる。
若いっていいねぇ〜(輝)

次から次に現れる雪壁にアックスとアイゼンを刺して登高。
暑くて汗も。
でもこんな青空の中に歩けていることに感激!


で、また雪壁。

振り返ると絶景〜〜〜!


そんな調子でぐんぐんと詰めてゆく。



予定では4峰あたりに幕営。
でもどう考えても4峰は確実に過ぎている。
ここは何峰???

そんなことを思いながら、途中で信州大学が休憩していたのでお先に失礼。
彼らは山頂直下のあたりに幕営するのだそう。

そして気づけば・・・・
あれ、もうあそこ、山頂では?


Gさん、せっかくロープを担いできたので、とここでやっとロープ登場〜!
で、てっきりGさんリードかと思いきや。
ナカガワさんのビレイをする格好に。

覚悟を決めたナカガワさん。
さくさくと立った雪壁を上がってゆきます。

そして雪庇に空けられた切れ目からトップアウト!

フィックスを張ってもらい、Gさん2番目にトップアウト!


待っている私といのっちさん。
寒い!寒い!
一緒に上らせて〜〜!と直訴するも、スノーバーの効きが悪いので却下。

3番手、M田。
ここで落ちるわけにはイカン!と、すでにパンプしているふくらはぎをだましだまし、のっこした〜〜〜!


ふう。

シンガリ、いのっちさん。
難なく上がってこられて、無事4人とも山頂へ!

ところがここ、ものすごい強風・・・。
逃げるように、記念撮影する気にもならず、さっさと下山。


村営小屋の影に隠れるようにテントをやっと張ったら、張り詰めていた気持ちがプチン。
水も作れないのでそのまま就寝。
ぐっすりと朝まで寝ちゃいました。
(男子テントはお湯作って夕食しっかり食べたそうで。いのっちさんすみません!)

強風に怯えながらも案外寝れたのは、どっぷりと疲れていた証拠?

翌朝、強風はだいぶ収まり、記念撮影して♪


朝、上ってきて山頂を踏んで降りているパーティーに追いつき話を聞くと
やはり主稜上も昨夜は強風だったと。

ほぼ貸切の大雪渓を絶景みながら降ります。


あっという間に猿倉。

アイゼンはずして、山の恵みをいただきながら歩いているとポツリ、ポツリ。
駐車場についた時には小雨。
お風呂から出るともう景色から北アルプスはすっかりといなくなっておりました。

憧れだったこのルート。
お天気と、素晴らしく強いメンバーに恵まれて踏破することができました!
標高差約1900mを全荷担いで登れたことも、ちょっと自信がついたかな?

みなさまありがとうございました♪

M田
2015.01.05 Monday

2014年12月27日-2015年1月3日 四川省

2014年12月27日-2015年1月3日 四川省でアイスクライミング&トレッキングしてきました。

下記情報ノート風に。

成都

*参考レート 1中国人民元 = 20円くらい(2014年12月末)

空港で両替
市内の銀行が良いと思われるけど時間がなくやってない。
到着階にある両替所はレートも良くなく、手数料も高い。23時過ぎの到着でもやっていたけど。日本で両替するのとあんまりかわらない。
1階上の出発のほうにATMがあり、クレジットカードでの現金引き出しが良いような。

空港から宿まで
事前に宿で手配。90元。普通にタクシーだと70元くらい。渋滞なければ30分。

成都の宿
Hello Chengdu International Youth Hostel/老宋青年旅舍
http://gogosc.com/jp.asp

日本人宿。オーナーが日本人から中国人にかわった。現在は『地球の歩き方』には記載はないけど日本人多い。
徒歩圏内にコンビニ(24時間)。スーパー。レストラン等揃っており楽。スタッフは英語可能

許可証等
複雑で、外国人となるとさらにさらに。今回は四川探検社に下記を依頼している。
中国の登山協会みたいのに提出する各種許可 500元、それとセットになった自然保護費用200元
おそらく無くても入れるが、何かあった時に面倒くさくない模様。外国人なので特に。

四姑娘山

行き方
四川の地震の復興途中なので、所要時間、ルートは流動的
バスは料金が安いが、10時間かかるという話もある。
四駆の乗り合いで、1台900元が相場。自力で成都で見つる方法は宿の情報ノートにあり。宿で手配すると一人200元だった(6人集まった場合)
成都からベースの街の日隆まで約5時間。

双橋溝
入場料が必要。普通に観光の場合、1日80元(冬期価格)
保護区内でテント泊、クライミング等する場合は、戸外活動という3日間150元のチケットを購入。延長の場合は1日30元
双橋溝でクライミングする場合は、中にいくつか民宿があり、そこに宿泊した方が良い。
民宿のある村の先に保護区に入るゲートがあり、そこでチケットの確認、デポジット(1人100元くらい?)がある。

舗装路があり移動は基本車で。双橋溝を走る定期バス(1日70元)もあるが、冬が本数が無く、気分次第で営業が終わるので
遠いエリアに行くには事前に車を手配する必要がある。1台で1日100元くらい。

双橋溝の民宿
数軒ある。
泊まったところは1日100元で朝、夕食付き。お湯はもらえる。基本相部屋。
双橋溝内に外食できる場所は無く、非常に簡素な売店しかないので、実質宿で生活することになる。
行動食等は日隆でも調達可能だが、成都で用意するのが楽。ビールは宿で購入可能。

長坪溝
川沿いの木道を歩くか、馬に乗って行く。景色が綺麗。
チケット購入の場所から入り口まではバスで行くようになっている。入場料、システムは双橋溝と同じようなかんじ。
冬は15時30分で帰りのバス、デポジット手続きの窓口が閉まるので、それまでに帰ってくる必要がある。

クライミング情報についてはやっぱり自力で。全般的に中国語ができないと滞在すら難しい。



アルバム
Dec 2014- January 2015 双橋溝
G
2014.11.26 Wednesday

2014.11.10〜12 New Zealand/Routeburn Track

雨、雪、そして青空。変化にとんだすてきなトレイルでした。







shu

2014.09.25 Thursday

Ala Archa キルギス

2週間程キルギスに。

安宿の情報ノート風に

キルギスタン

日本パスポートは60日間ビザ不要

行き方
モスクワ経由のアエロフロートが毎日便があり便利
その他ソウル経由でカザフスタンのアルマトイに入り、陸路で入国するのもあり。
時間があれば中国のカシュガルから陸路で入るのも道中の景色も美しく良いみたい。

基本情報

1USドル=約50ソム 両替所は各所に。アメリカドル、ユーロ。日本円は使えない。
ATMはロシア後。クレジットカードを入れれば英語メニューになる。ならないところもある。
空港から市内まで。タクシーで400-500ソムくらい。
基本ロシア語。ビシュケクはロシア語。地方はキルギス語が話されている。英語は意外と通じた。

ビシュケクの宿
日本人宿はさくらゲストハウスが有名。
泊まったのはNomaD Hostel(http://hostelinkg.com/en/) ドミ15$は高いけど
2013年開業。キッチン、Wifi、バスタオル、インスタントコーヒー。受付の女の子達は英語できる。かわいい。
宿の前が市場なので買い物が便利。山行中不要な荷物は受付横に残置可能。似た名前の古い宿もあるので注意。

観光
街並みに歴史があるわけでもなく、特にやることはないけど、オシュバザールは良いです。
上記Hostelからはマルシュルートカ(乗り合いタクシー)の114番で。(距離にかかわらず10ソム)
114番はレストランFaiza近くやドルトイバザールも通るので便利。

食事
ファーストフードは安くていっぱいある。2-5ドル。
その他ラグマン、プロフ、マンティと定番中央アジアご飯も。
有名?なレストランFaizaはロシア語メニューしかないけど、店員が英語できる人(客)を連れてきてくれたりと親切。
ここではやはりラグマンが美味しいと思います。料理は大きさが大小選べるので色々食べたい場合良いです。色々頼んで一人5-10ドルくらい。
場所柄、夏は野菜、果物等豊富で安くて美味しい。冬は逆転。

山での食事に関しては、スーパーでほとんど揃う。ソ連時代に、朝鮮半島近辺からの移住もあったので韓国製食品もある。
日本食を希望する場合には日本から持っていくしかない。


ビールが500mlで2-3ドル。地元の酒はウォッカとコニャック。安い。

アウトドアショップ&ガス缶

Redfox(ロシアのアウトドアウェアブランド)
上記ホステルから線路のある方に歩いて行き、線路を越えてしばらくいったところ。地下にある。扉が閉まっていても開ける。ギアはあんまりない。

Suport Expert
タクシーで150ソムくらい。
サレワとペツルのクライミング用品あり。

その他店、個人でやってるロシア製クライミングギアの店があるけど、不定期休。

ガスは空き缶に再充填したのも新品に比べて安く入手可能。ベースで使う分には十分。

クライミング
ルートジムはビシュケクに2箇所。ボルダーが1箇所
スポーツルートの岩場は車で30分くらい行ったところにあるよう。
アルパインクライミングは車で1時間でAla Archa国立公園で。入場料80ソム

Ala Archa国立公園
麓に赤い屋根のホテルがあり、正面に大きな谷が続く。こちらの散策ルートは(赤印)で、クライミングのある山へは左手の青の表示をたどる。
3-5時間程で山小屋(Ratsek Hut)。ベッドは一人500ソム。テン場は一張200ソム。
在庫があれば、ビール、ウォッカ購入可能。食事提供は基本なし。事前予約すれば可能。お金を払えばサウナを炊いてくれる。水はとれる。
ロシア人が多い。ロシアにとっての八ヶ岳的な、アルパイン入門から新ルート開拓まで色々。

ロシアのアルパイングレードについて

1A,1B,2A,2B...5A,5B,6A,6Bと難しくなっていく。
1Bまでは歩きのみ。2Aからはロープを使う所が出てくる。
標高や登攀の距離、ピッチ数が加味された全体のルートに対してのグレードなので、基本各ピッチのグレードはわかりにくい。
単純な換算で2AならUIAAでのIIという風にも書かれていますが、そういう風に感じるところもありますし
2Aのルートでも数メールですが日本で言うIII-IVくらいに感じるところもあり。

プロテクション
ピトンの残置も多少あるが、ほぼカムとナッツ。

高度順応
Uchitel Peak (4500mくらい) 1Bが使われている。
山小屋から3-5時間 山小屋の100mくらい先にもう一つ銀色の小屋があるのでそこから取付き。ところどころにケルンがあるのでわかりやすい。

その他
小屋の周辺の岩峰もフリーで登れる。
小屋の正面に短いトップロープのルートがあり、暇つぶし可能。

ルート図
かなりの数のルートが開拓されているようですが。下記ここに少し載ってます。ロシア語ができれば色々あるのかもしれないけど。
http://mountains.tos.ru/alarcha.htm
http://mountains.tos.ru/tiensh.htm

ロシア語のガイド本ではこういうのがあるみたいです。
http://www.equip.ru/shop?mode=product&product_id=2273400

アイスクライミングのルートなど、条件により夏に登れないルートも多い。

その他リンク

Kyrgyz Apline Club
http://www.kac.centralasia.kg/
JICAのボランティアスタッフがいる

KMGA Kyrgyz Mountain Guide Association
http://mguide.in.kg/en

ITMC 手配会社 日本人利用が多い
http://www.itmc.centralasia.kg/

大手
http://www.ak-sai.com/

地図
金を出してこれか、という内容だけど、これしかない。
http://www.amazon.co.jp/Kyrgyzstan-A-Climbers-Map-Guide/dp/1933056002

旅行写真へのリンク
Kyrgyz2014Sep


G
2014.06.25 Wednesday

6月のアンナプルナ・"1/3"ラウンド

雨季にもかかわらず、数年前からの懸案のアンナプルナ・ラウンドへ行って来ました。
結果、うまい具合に雨には合わず、激しい日差しの夏山縦走で思い切り日焼けしました。












               6月のアンナプルナ・サーキットを終えて 
・雨季ではあるが、アンナプルナの北面はモンスーンの影響は受けにくいと言われていた。
・一応オフ・シーズンなので、トレッカーは少ないだろうと予想していたが、普通に多かった。
 (外国人トレッカーだけでなく、後述するネパール人の集団も多かった。)
・しかしロッジは半分以上がクローズしているので、メジャー地以外での途中宿泊・飲食は困難である。
・雨は午後になれば、ほぼ毎日降ったが、小雨が多く、長くは続かなかった。早めの到着が鍵であった。
 (ヒマラヤのモンスーン期の降雨のパターンらしい。)
・高山は日中ほとんど雲に覆われ、秋のシーズンのような快晴の展望は得られなかった。
 しかし、早朝と夕暮れには、一般に雲も薄くなり、このときだけ展望を期待できた。
 ・ヤクカルカ周辺の高地は、いわゆるYarshagumba”(冬虫夏草) の自生地であり、
 6月いっぱい、ネパール人が一攫千金を狙って、キャラバンを組んで採取にやって来るらしい。
 このため、特にマナン、ヤクカルカの宿はトレッカーよりネパール人が多いくらいだった。
 (布団が足りなく、借りれない可能性もあり。)
Throng High Campに泊まることには、高所順応上、反対意見も多いのは当たり前だろう。
 毎年、平均2名が、トロンパスを越えようとして高山病で命を落としているらしい。
 しかし、順応できていれば、Throng PhediよりもHigh Camp が断然いい。
 そもそもGokyo Peak より標高の高い峠を、荷物を担いで越えるのだから、しんどさ半端ない。
 前日に、Phedi からHigh Camp への、一番急でしんどい登りを終えておいたので大変楽だった。
 Throng High Camp Hotel 120人収容の、快適な小屋。メニューも下よりずっと豊富。
Throng Passはムスタン側からの強風で有名。強風は午前から午後にかけて吹くので、午前中早くに着くこと。
Muktinath からカリ・ガンダキ(河原)に下りると、広い河原を吹き上げる砂塵をまともに受ける。
 午前から午後にかけて風が強く、この時間帯に、Jomson まで歩くのは大変だった。
 今日では、Muktinathで実質のアンナプルナ・ラウンドは終了なので、ここからジープでもよかった。
・アプローチのマルシャンディー川の渓谷と帰りのカリ・ガンダキ川の渓谷につけられたジープ(バス)道は、
 聞いていたとおり、大変悪く恐ろしいものだった。つかまるところのある、いいジープを選ぶべき。

・チャーメの上流にある吊り橋の先に、車が通れる橋を現在建設中だ。
 これができれば、ベシサハールからマナンまで
車で一日で普通に入れる日がとうとうやって来てしまう。
 (現在でも、チャーメ〜マナン間は、無数のバイクが普通に往来
しており(中にはトレッカーを乗せて!)
 
下道を歩いていると、本当にうざい。
 アンナプルナ・ラウンドも、近い将来、本当に歩くのは
マナンからムクチナートまでの間だけになってしまうのだろう。


S倉
Powered by
30days Album