ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.02.16 Saturday

2013 2/16(土) 御坂・芦川蛇沢 『千波ノ滝』 は、もう登れませんでした...

日帰りで行ってきましたが...写真だけです(泣)。

相方が、念のため前日、三珠町役場に問い合わせると、『ちゃんと凍ってますよ』 と...。
道路から望む、千波ノ滝。確かに凍ってはいるのだが...。

ズーム・アップすると、すでにベラグラ状の様相。

取りつきまで行ってみましたが、すでに出だしがつながっておらず...お早いシーズン・オフ。
それにしても、N本さんが登ってきてからたった2週で...溶けすぎじゃないすか?!こんなに寒いのにね。
復帰したいのに、なかなか遊ばせてもらえません。


 アプローチ:
 取りつきまで、左岸に沿ってずっと巻き道がついています。
 それを知らずに行ったので、冬靴でのやばい沢登りをまじえ、 
 取りつきまで1時間半もかかってしまいました。
 普通に行けば、30分くらいかもしれないでしょう。

 S倉。

2012.11.05 Monday

2012 11/3(土) 明星P6南壁は壁に取りつけず。

おりしも、北陸地方のみ天候不順な週末に、SACのO谷さんとわざわざ明星までやって来た。
目標は、定番の、『フリー・スピリッツ』と『左岩稜』。 


天気予報による天候の回復傾向を信じて、早朝テント場を出発したが、小滝川の濁流に唖然。


向こう側の岩に残置のロープをチロリアンブリッジに利用しようとO谷さんガンバるも、どうしても届かず。
(バック右手は、『フリースピリッツ』取りつきの目印の岩小屋。)


どうしても渡渉は不可能という事実のみが次第に明らかになるのみ。そのうち雨も降って来た。
予報を見直すと、明日も雨のようだ。今回はあきらめざるを得ない。
(土曜日以前、新潟で大雨が降ったそうだ。小滝川の季節はずれの増水はそのせいであったか。)

快晴の長野へ戻ってきて、天候不順が予想される場合、代替え案を常に用意しておくべきことを、あらためて肝に銘じた。

安曇野IC入口のモンベルで、もったいないがもう一冊「日本100岩場」を買い、どこへいこか思案。
結局この日は、甲府幕岩、明日は瑞牆のマルチへ行くことに決め、テーピングも購入した。
14:00から16;30まで初見参の甲府幕岩で登ったあと、瑞牆自然公園のテント場へ。 (続く)

S倉
2012.09.28 Friday

リングなしボルト対策ー本チャン・クラッシックを生き抜くためにー




 

誰か、本チャン・クラッシック・ルートの支点整備、やってくれないかなぁ〜。
日本”アルパイン”クライミング協会なんて無いものねぇ...。
ニンジャもいいけど、アルパイン・クラッシックも、リボルトしてくれ〜。

S倉
Powered by
30days Album