ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.04.15 Sunday

2018/3/31-4/2 爺ヶ岳北稜

2018/3/31-4/2 爺ヶ岳北稜

 

メンバー:さいとう 単独

 

 

右が北稜 左が主稜     2016年東尾根より

 

街にいると、いつの間にか冬は過ぎ去り春になっていた事に気付く。

ひとり山に居ると一歩一歩の季節の移ろいを肌で感じる事が出来る。

そして、動物としての自分を少しずつ取り戻す事に喜びを感じる。

 

爺ヶ岳の北稜は、四年前に東尾根から眺めた時、それを北稜とも知らずにあそこを登ってみたいと思ったのが始まりだった。

その後、主稜、冷尾根を登り、この山行の二週間前に、本命の北稜を登る為、自宅を後にしたが、途中で車が壊れてしまい現地に辿り着く事すら出来なかった。

そして、再び挑戦する機会を得た。

北稜は核心となる第一岩峰、第二岩峰付近の雪面の亀裂により難易度が大きく変動するだろうと考えていたが、この山行の前、丸一週間快晴で気温も高かった事からコンディションは悪いと予想していた。

その悪い予想は残念にも的中し、想像以上に厳しい登攀を強いられる事になった。

 

3/31 まだ、夜が明けきらぬ内に大谷原を出発し、小冷沢沿いに上流へと向かう。

朝日が登り、暫く進むと正面に北稜が現れる。

 

 

正面右が北稜

 

 

三角の頂点が第二岩峰のピーク 左のスカイラインが北稜

 

これから登る北稜の迫力に息を飲む。

一ノ沢を少し登り、ルンゼ状の雪面を詰め尾根上に乗った。

気温が上がり始め、尾根上の雪は、早速腐り始めている。

ひと登りして目の前の第一岩峰を見上げると至る所に亀裂の走り、恐ろしいほど急な雪壁と巨大なキノコ雪が積み重なるように続いている。

呆然としながらもルートを探るが、複雑でよく分からない。

迷路のように亀裂の間を縫って進んで行くが、どこも傾斜がきつく神経を磨り減らす登攀に時間を費やす。

ミスは絶対許されないので、落ち着いて丁寧に登る事だけを心掛ける。

二時間以上の時間を使い、漸く第一岩峰を抜けると、やっと一息つける場所に出る事が出来た。

 

 

第一岩峰上から下を望む

 

 

上部に第二岩峰

 

休憩しながら少し先に控える第二岩峰を眺めるが、こちらもまた悪そうだ。

今日中に第二岩峰を抜けたいとこだが、、、

第二岩峰に取り付くとやはり悪い。

次から次へと続く難所に気持ちが追い込まれて行く。

第二岩峰のピーク直下にテントが張れそうな場所があったので、本日はここまでとする。

頑張ってリッジを切り崩し整地したがテントの一部は空中に飛び出し、テント内でアイゼンを装着しないと外へも出れないという、素晴らしい高度感を味わえるスリリングな宿になってしまった。

 

大谷原4:20〜7:00北稜末端〜9:00尾根上9:30〜11:45第一岩峰上〜14:30第二岩峰ピーク直下BP

 

4/1 第二岩峰のピークは正面から取り付き、傾斜のきつい雪壁を越えるとその上は、凄まじい高度感のナイフリッジとなっていた。

緊張で激しくなった呼吸を抑える事が出来ない。

鋭く尖ったナイフリッジの頂点を這うようにジワリジワリと前進する。

やがてリッジはカンテ状にそそり立ち、そこを越えると傾斜の落ちた広い雪面に飛び出した。

最高潮の緊張から開放され、思わず叫んでしまった。

やっと第二岩峰を抜ける事が出来た。

 

 

天幕地より下を望む

 

 

朝日に輝く鹿島槍

 

 

第二岩峰のピーク

 

 

爺ヶ岳北峰へと美しい雪稜が続く

 

ここからは快適な雪稜が北峰へと続いている。

時折、傾斜が立っていたり、雪面が割れていたりはあるが、順調に足を進める事が出来る。

鹿島槍を横に見ながらの楽しい登高だ。

北峰を間近にした頃、周りを見ると冷尾根、主稜それぞれにパーティーが取り付いており、共に核心に差し掛かるところだった。

 

 

北峰ももう近い

 

 

冷尾根

 

 

主稜

 

最後は傾斜の強い雪壁を慎重に登り、傾斜が落ち始めると視界の先に剱岳が現れた。

やっと、北稜を登り終えた!

剱岳に向かったまま北峰の頂に立つと「会心の山」が出来た事への喜びが全身から溢れ出た。

 

 

北峰から北稜

 

 

棒小屋沢越しの剱!

 

翌日に鹿島槍に登る為、ひと下りして冷池山荘の避難小屋に入った。

時間はまだ早いが、今日は周りの山を眺めて過ごす事にしよう。

 

BP7:00〜7:25第二岩峰上〜9:20爺ヶ岳北峰〜冷池山荘

 

4/2 朝起きると小屋の壁を風雪が叩いている。

暫く経っても止みそうも無いので鹿島槍のピークハントは中止とする。

日が昇り、雪が止むのを待って下山に掛かった。

途切れ始めたガスの間から見える山が美しい。

大谷原に着く頃にはすっかり晴れ渡っていた。

帰路につき、麓の街からは春霞の先に雄大な後立山の山々が浮かんでいた。

この日は早い時間に帰る事で、後立山の麓では芽吹き始めたばかりの新緑、甲府盆地をピンク色に染める桃の花、郊外の里山を彩る満開の桜等、春の彩を楽しみながら家路についた。

 

この三日間とても豊かな時間を過ごす事が出来た。 楽しかったな!

 

さいとう

 

 

 

 

 

 

 

2016.04.25 Monday

2016/04/23-24 穂高コブ尾根

4月23〜24日
穂高コブ尾根

山さん、三Bさん、おかざき

意外に面白かったコブ尾根。
穂高はいいですね。3月頃に来たら楽しそう!

















おかざき


2016.04.11 Monday

2016/4/9-10 越後駒ケ岳 滝ハナ沢右岸尾根

2016/4/9-10 越後駒ケ岳 滝ハナ沢右岸尾根

メンバー:さいとう(ヒロ)単独


以前より眺める度に滝ハナ沢からそそり立つ大きな壁を控える鋭いリッジが気になっていた。


滝ハナ沢右岸尾根 主稜線直下より


9日朝、銀山平 石抱橋より白沢林道を北ノ又川上流に向け歩き始める。
白沢を渡渉し、暫く行くと河原が無くなり、北ノ又川左岸は切り立ち、へつれそうも無いので密藪を約2時間の大高巻き。
結局、滝ハナ沢出合まで4時間も掛かってしまった。


滝ハナ沢出合


渡渉点

融雪で増水した滝ハナ沢をパンツ一丁での渡渉。
裸足でキックステップを切り対岸の雪上へと這い上がる。もはや拷問です。(もはや変態?)
そこからは、樹林帯の急登を上へ上へと登る。


芝沢からのJPを越えると稜上の雪面は切れまくり。


大分、登ってきた。



この先は腐った雪の状態では太刀打ち出来そうも無いので、一日目の行動はここまでとする。



10日朝、会津方面から朝日が登る


痩せたリッジ上に巨大なブロックが不安定に乗っている

滝ハナ沢側は300m程すっぱりと切れ落ちたリッジから、空中へと張り出したブロックを慎重に越えて行く。









細いリッジを綱渡りのように歩いたり、四つん這いになったり、側面に乗り出してバックステップでのトラバースだったり。
キックステップした足元の先には滝ハナ沢の谷底が真下に見えてたりで緊張感のある登高が続く。
途中何度も、対岸の左岸尾根でのブロック崩壊が轟音を響かせていた。もう、やめてくれって感じ



やっと広い雪面に出て一安心。
あとは、雪壁を一番高い方へと上り詰めると主稜線上に出た。
越後らしさをギュッと詰め込んだ素晴らしい尾根だった。


主稜線上から滝ハナ沢右岸尾根

越後駒ケ岳頂上を踏んだ後、駒ノ小屋へと下りている最中、先程登ったばかりの滝ハナ沢右岸尾根上の大きなブロックが崩壊して滝ハナ沢の谷底で砕け散った。
ギリギリだった。


銀山平近くまで下りてくると沢沿いには土で汚れた崩壊ブロックが散乱し、そのすぐ脇にはフキノトウが競うように肩を並べている。
もう、雪稜のシーズンも終わりなんだなと、あらためて感じた。
雪渓の溶ける頃、また、この山に帰って来よう。
「さて、今年はどこの沢を登ろうか」
「そして、また雪が山を覆い尽くしたら、どこの尾根を登ろうか」
帰り際、銀山平から春霞の向こうに一際堂々とした滝ハナ沢右岸尾根が聳えていた。
一礼を済ませ家路についた。  山に感謝の意を込めて

さいとう
2016.03.30 Wednesday

2016/3/26-27 爺ヶ岳冷尾根

2016/3/26-27 爺ヶ岳冷尾根

メンバー:山さん、さいとう(記)


爺ヶ岳冷尾根をさいとうが、爺ヶ岳東尾根を山さんが、お互い単独登高予定の二人で山に向かって走る車の車中で、爺ヶ岳冷尾根即席二人パーティーが結成された。



西俣出合から北峰北東壁  左のスカイラインが北稜、その一段下に冷尾根


26日朝、大谷原より小冷沢沿いに詰め、一汗かいた頃に現れる大きな堰堤の手前より左岸の斜面に取り付く。
斜面を直上すると左の尾根に飲み込まれ、序々に細くなる藪尾根をひたすら登る。
三月とは思えない暑さに汗だくになり、ようやく視界の開けるP1971mで冷尾根に合流する。


P1971mより  右から冷尾根、北稜、主稜の三本の尾根が手前に延びる

ここからは、傾斜の穏やかな広い尾根を気持ち良く歩き、P2045m付近にテントを張る。
テント設営後、まだ時間も早いので先のルート上にトレースを付けに出掛けるが、腐り始めた雪がアイゼンにダンゴを作り危険と感じた為、早々に引き揚げる。


27日、気温上昇による雪の腐りを懸念して朝4:30に早目の出発。
ヘッ電の灯りを頼りにアップダウンの続く尾根の登高。
予想外の積雪により歩みは遅い。


朝日が雪面を黄金色に染める  左に北稜が聳える


ややこしい尾根を越え  力強い登りの山さん


やがて冷尾根は北稜の側壁へと消える

ラッセルに時間を費やし、既に雪が腐り始めてしまった。


核心の北稜略奪点  中央やや左より北稜上に抜ける、このピッチかなりシビレます


北稜上より  先週登った主稜、襞が美しい 奥に東尾根

雪庇の発達した北稜を一登りで爺ヶ岳北峰上に立つ。
なかなか手応えありの尾根でした。


6日ぶりに剱にご挨拶
その手前に、ひっそりと佇む黒部別山、今なお時代の強者達がここを舞台に数々のドラマを生み続ける


下山途中、冷乗越より北峰北東壁  キノコ雪でいっぱいです


灼熱の西沢を下山


これで爺ヶ岳には東尾根、主稜より主峰、冷尾根より北峰上に立った。
この山は、その度に違った表情を見せてくれた。
この二週間で主稜、冷尾根を登り、その二本の尾根の真ん中に最も堂々と美しい北稜を残してきた。
北稜を登りに再びこの山を訪れた時、今度はどんな表情を見せてくれるだろうか。

さいとう
 

2016.03.28 Monday

2016/03/26 焼岳 上堀沢右岸尾根

3月26日 焼岳《上堀沢右岸尾根》仮名

いつも上高地に行くと目立つ焼岳をバリエーションから登れないかと思っていて上堀沢の左側を登ってみました。登山体系にもない名も無きルート?あるのかな?
八ヶ岳のバリエーションのようでした。左岸尾根の方がワンランク上ですね。
真ん中の大きな沢が上堀沢でその左を登りました。


上高地より焼岳。上堀沢の左側の尾根を登った。



焼岳



上高地をバックに最高のロケーション


右岸尾根

おかざき
2016.03.23 Wednesday

2016/3/20-21 爺ヶ岳主稜

2016/3/20-21 爺ヶ岳主稜

メンバー:さいとう(ヒロ)単独


元々この三連休には大好きな山域である越後三山の八海山 高倉沢左稜〜八ツ峰縦走に行こうと計画を温めていた。(ただこの尾根にこんな名前が付いていたのを知ったのは出発の数日前なのだが)
天気予報では魚沼は三日間全滅、他の地域では日、月曜日は晴れ。
そこで思いついたのが、爺ヶ岳主稜だった。
金曜日の夜から突然の予定変更での計画となった。



左が爺ヶ岳主稜 右が北稜

20日朝、おばばの家の裏より爺ヶ岳東尾根を登る。
予報では晴れのはずだが、霧が濃く何も見えない。
2000m位まで登るとようやくガスの切れ間から鹿島槍が顔を覗かせる。
だんだん爺ヶ岳も見え始めるが、西側から稜線を越えてくる雲がかかり、上部は見えない。
2050mにテントを設営し、ひたすら見え隠れするルートを観察する。
結局、雲が切れ山頂が見えたのは日が暮れる直前の事だった。
夜になり早目に床に就く頃にはテントをサラサラと雪が叩いていた。
「雪、止まねーかなー」と思っている内にすっかり眠っていた。


21日朝、起きて外を見るとガスって何も見えない。
支度を整え、ガスが切れるのを暫く待つが、らちが明かないので視界の利かないまま小冷沢へと下降する。
雪崩た斜面をいくつか横切り、デブリの詰まった支沢を下降するとちょうど目の前に尾根の末端が現れた。
よくよく見てみると北稜の末端だった。
下に出過ぎてしまった。



小冷沢 奥に主稜が見える。

主稜末端の近くまで行くと左の沢から先行パーティーが降りてきた。
登山大系によると、主稜へは尾根末端を右に見過ごし三本目のルンゼから取り付くとの事だが、一本手前のルンゼを上がってしまったらしく、急傾斜な上、上がった所がナイフリッジ、その上、その先にはデカイきのこ雪。
手こずってしまった。
先行パーティーは正解を選んだようだ。
少し登ると雲の上に抜け出し、天上はド晴天。







東尾根 雲海が一面にひろがる



北稜



快適な登高で白銀の雪面と紺碧の空との境界線を目指す



雲表倶楽部 やまねくらぶ混成パーティー



頂稜へと登る同パーティー かっこいいですね!

稜線に飛び出し、左にすぐで爺ヶ岳主峰に到着



山頂より東尾根上部



北峰と北稜上部



鹿島槍



中央に剱岳、左に立山連峰



右に針ノ木岳、中央に蓮華岳、左奥に穂高連峰


下山途中にようやくガスが晴れ、帰路では車のバックミラーにずっと爺ヶ岳を先頭にした後立山連峰が輝いていた。
あ〜楽しい山だった。


さいとう


 
2016.03.07 Monday

2016/3/4-5 谷川岳 中ゴー尾根

2016/3/4-5 谷川岳 中ゴー尾根

メンバー:さいとう(ヒロ)単独


もう随分前の事になるが、天神尾根から「かっこいい尾根だな」と中ゴー尾根を眺めたのを今でも鮮明に覚えている。
今回、幕岩尾根を間近に見てみたいという事も有り、中ゴー尾根の登高を計画した。




3/4 朝日に輝く俎グラを目指し谷川温泉を後にする。
谷川沿いの登山道ではモナカ雪で苦戦する。



幕岩も大分近くなってきた。
たっぷり3時間を費やし二俣に到着。

迫力の幕岩を見上げながら、樹林帯の登高。
気温が上がり始め、重たいラッセル。
俎グラや幕岩で雪崩始め、地響きのような轟音が引っ切り無しに聴こえる。



シーラカンスとピラニアに何度と無く雪崩が通過する。

1420m平な場所があったので幕とする。
5時間掛けて尾根の半分しか進めず。

俎グラに夕日が沈むと一面の夜空に星が降り注ぐ。
静寂に包まれた快適な夜。
ただ、ひとつだけ、、 酒をもっと上げれば良かった、、、

3/5 昨日とはうって変わって上質なリッジが国境稜線へと向かって伸びる。
雪も締まってる。















手付かずの雪面に自分だけのトレースを刻む。
山ヤにとって最高の贅沢。



国境稜線も、もう近い。



俎グラ 奥に小出俣山



ヒツゴー沢源頭 スカイラインには肩ノ小屋が確認出来る。

トマの耳に登頂後、天神尾根を下山。
天神尾根の人の多さにゲンナリするも、すぐ右隣に白銀に輝く中ゴー尾根を見て思わずニヤケてしまう。
いい尾根だった。
来て良かった。


さいとう


 
2016.02.11 Thursday

2016/1/31 白毛門西尾根

2016/1/31 白毛門西尾根

メンバー:さいとう(ヒロ)単独


右のピーク白毛門より手前へと伸びる西尾根 滝沢第二スラブより撮影

二年前、一ノ倉沢滝沢ドーム下にてお迎え(空飛ぶ乗り物)を待っている間、ぼんやりした意識の中、きれいな尾根だなと眺めていた白毛門西尾根。
今回それ以来となる冬山の復帰と五月まで続く雪稜山行のスタートに、ここを選んだのは、誰にも邪魔をされたくなかったという事もあるが、それ以上に、想いを残してきてしまった冬の一ノ倉をもう一度見てみたかったという理由が強かったからかもしれない。


ノコギリ状の雪庇が延々と続く




振り返ってみる バックは一ノ倉沢


山頂から笠、朝日


谷川

不安定な雪質、雪庇、急雪壁、喘ぎながら雪と戯れるのも、また、楽しい。

さいとう
Powered by
30days Album