ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.15 Sunday

2018/3/31-4/2 爺ヶ岳北稜

2018/3/31-4/2 爺ヶ岳北稜

 

メンバー:さいとう 単独

 

 

右が北稜 左が主稜     2016年東尾根より

 

街にいると、いつの間にか冬は過ぎ去り春になっていた事に気付く。

ひとり山に居ると一歩一歩の季節の移ろいを肌で感じる事が出来る。

そして、動物としての自分を少しずつ取り戻す事に喜びを感じる。

 

爺ヶ岳の北稜は、四年前に東尾根から眺めた時、それを北稜とも知らずにあそこを登ってみたいと思ったのが始まりだった。

その後、主稜、冷尾根を登り、この山行の二週間前に、本命の北稜を登る為、自宅を後にしたが、途中で車が壊れてしまい現地に辿り着く事すら出来なかった。

そして、再び挑戦する機会を得た。

北稜は核心となる第一岩峰、第二岩峰付近の雪面の亀裂により難易度が大きく変動するだろうと考えていたが、この山行の前、丸一週間快晴で気温も高かった事からコンディションは悪いと予想していた。

その悪い予想は残念にも的中し、想像以上に厳しい登攀を強いられる事になった。

 

3/31 まだ、夜が明けきらぬ内に大谷原を出発し、小冷沢沿いに上流へと向かう。

朝日が登り、暫く進むと正面に北稜が現れる。

 

 

正面右が北稜

 

 

三角の頂点が第二岩峰のピーク 左のスカイラインが北稜

 

これから登る北稜の迫力に息を飲む。

一ノ沢を少し登り、ルンゼ状の雪面を詰め尾根上に乗った。

気温が上がり始め、尾根上の雪は、早速腐り始めている。

ひと登りして目の前の第一岩峰を見上げると至る所に亀裂の走り、恐ろしいほど急な雪壁と巨大なキノコ雪が積み重なるように続いている。

呆然としながらもルートを探るが、複雑でよく分からない。

迷路のように亀裂の間を縫って進んで行くが、どこも傾斜がきつく神経を磨り減らす登攀に時間を費やす。

ミスは絶対許されないので、落ち着いて丁寧に登る事だけを心掛ける。

二時間以上の時間を使い、漸く第一岩峰を抜けると、やっと一息つける場所に出る事が出来た。

 

 

第一岩峰上から下を望む

 

 

上部に第二岩峰

 

休憩しながら少し先に控える第二岩峰を眺めるが、こちらもまた悪そうだ。

今日中に第二岩峰を抜けたいとこだが、、、

第二岩峰に取り付くとやはり悪い。

次から次へと続く難所に気持ちが追い込まれて行く。

第二岩峰のピーク直下にテントが張れそうな場所があったので、本日はここまでとする。

頑張ってリッジを切り崩し整地したがテントの一部は空中に飛び出し、テント内でアイゼンを装着しないと外へも出れないという、素晴らしい高度感を味わえるスリリングな宿になってしまった。

 

大谷原4:20〜7:00北稜末端〜9:00尾根上9:30〜11:45第一岩峰上〜14:30第二岩峰ピーク直下BP

 

4/1 第二岩峰のピークは正面から取り付き、傾斜のきつい雪壁を越えるとその上は、凄まじい高度感のナイフリッジとなっていた。

緊張で激しくなった呼吸を抑える事が出来ない。

鋭く尖ったナイフリッジの頂点を這うようにジワリジワリと前進する。

やがてリッジはカンテ状にそそり立ち、そこを越えると傾斜の落ちた広い雪面に飛び出した。

最高潮の緊張から開放され、思わず叫んでしまった。

やっと第二岩峰を抜ける事が出来た。

 

 

天幕地より下を望む

 

 

朝日に輝く鹿島槍

 

 

第二岩峰のピーク

 

 

爺ヶ岳北峰へと美しい雪稜が続く

 

ここからは快適な雪稜が北峰へと続いている。

時折、傾斜が立っていたり、雪面が割れていたりはあるが、順調に足を進める事が出来る。

鹿島槍を横に見ながらの楽しい登高だ。

北峰を間近にした頃、周りを見ると冷尾根、主稜それぞれにパーティーが取り付いており、共に核心に差し掛かるところだった。

 

 

北峰ももう近い

 

 

冷尾根

 

 

主稜

 

最後は傾斜の強い雪壁を慎重に登り、傾斜が落ち始めると視界の先に剱岳が現れた。

やっと、北稜を登り終えた!

剱岳に向かったまま北峰の頂に立つと「会心の山」が出来た事への喜びが全身から溢れ出た。

 

 

北峰から北稜

 

 

棒小屋沢越しの剱!

 

翌日に鹿島槍に登る為、ひと下りして冷池山荘の避難小屋に入った。

時間はまだ早いが、今日は周りの山を眺めて過ごす事にしよう。

 

BP7:00〜7:25第二岩峰上〜9:20爺ヶ岳北峰〜冷池山荘

 

4/2 朝起きると小屋の壁を風雪が叩いている。

暫く経っても止みそうも無いので鹿島槍のピークハントは中止とする。

日が昇り、雪が止むのを待って下山に掛かった。

途切れ始めたガスの間から見える山が美しい。

大谷原に着く頃にはすっかり晴れ渡っていた。

帰路につき、麓の街からは春霞の先に雄大な後立山の山々が浮かんでいた。

この日は早い時間に帰る事で、後立山の麓では芽吹き始めたばかりの新緑、甲府盆地をピンク色に染める桃の花、郊外の里山を彩る満開の桜等、春の彩を楽しみながら家路についた。

 

この三日間とても豊かな時間を過ごす事が出来た。 楽しかったな!

 

さいとう

 

 

 

 

 

 

 

2018.04.14 Saturday

100 Miles of Istria Ultra Trail 2018, Croatia: 168km, +6539m, 46H

2018 4/6(Fri)-4/8(Sun)

 

トレラン復帰して、丁度2年。いよいよ100マイルに挑戦してきた。

場所は、クロアチア。イタリアの東に広がるアドリア海に突出する、イストリア半島を東から西へ横断する168kmだ。

制限は46時間だが、累積標高が6500m台とUTMFやUTMBに比べて2000m以上低いので、初100マイル完走を目指すには、うってつけのレースだ。美しい走れる山岳地帯の前半から、後半は中世のままの城塞都市をつないで行く、コースも大変魅力的なレースだ。しかし、最初の100マイルにしては、走れすぎるレースを選んでしまったかもしれない。走れない自分には、制限時間の厳しいレースとなってしまった。最後尾近くではあるが、無事制限時間内でゴールできて、100マイラーの称号は手にできたが、UTMFやUTMBではどうだったろうか?

 

実際のタイムテーブルと全体地図。

タイムテーブルと高低表。高山は前半に集中。

クロアチアは石灰岩壁の宝庫。岩場も豊富で9a以上のルートも多数。アダム・オンドラも高難度ルートを拓いている。

 

S倉

 

 

 

2018.03.06 Tuesday

箱根外輪山トレイル(反時計回り) 箱根湯本〜箱根町 37km、3100+m

2018 3/4(日)

 

朝7:30箱根湯本をスタート。17:00箱根町、駅伝ミュージアム前で終了。外輪山ほぼ2/3周。

コースタイム15時間のところを9時間半。完全一周にはあとコースタイムで約5時間半。

この時期、明るいうちに完全一周するのは困難か。ペースも遅すぎ(特に後半)。

明神ヶ岳。

雲かかる金時山へのトレイル。

金時山山頂。売店あり、水分補給可能な第1エイド。

約20キロ地点?ここまでコースタイム9時間のところを5時間。

芦ノ湖に沿うトレイル。

山吹峠のレストハウス。水分補給可能の第2エイド。自販機もあり。

芦ノ湖南端の箱根町が見える。

海ノ平へ向かうトレイルは気持ちがいい。後半はコースタイム6時間のところ4時間半と遅くなった。

 

S倉

 

 

 

2018.02.28 Wednesday

第8回三浦半島縦断トレイルラン大会 44km 制限9時間

2018 2/24(土)

 

昨年に引き続き、出てきた。

この時期、寒くて普通にはトレーニングできないので、こういう大会があるのはありがたい。

でも、やはり迷った。しかも15分以上のコースロスト。一気に”完走できればいい”にモチダウン。

選手目線でマーキングがつけられてないのが最大の問題。分岐した先でなく、分岐点でつけてくれ。

まあ、もう道はあらかた覚えたし、来年出たら迷わないだろう。

昨年より、ロストした分を引いても30分以上遅い。

100kmウルトラペースに足がなじんでしまってスピードが出ない。

その代わり、ゴール後も疲労感少ないので、23号を大船まで+6.5キロ追加で走り、50kmとして終了。

 

朝8:00三浦海岸を1分ごとのウェーブ・スタート。

 

まず、津久井浜まで約2kmの砂浜ラン。朝一でこれはしんどい。

30km地点、チェックポイント9、鷹取山。

クライマーを横目に。

 

S倉

 

2018.02.11 Sunday

Vibram Hong Kong 100 Ultra Trail Race 2018 − 100km, 4840mD+, 30時間

2018 1/27(Sat)-28(Sun)

 

Fields on Earthのツアーで参加。総勢33名。世界で活躍する、土井・大瀬・丹羽選手と一緒でした。

23時間46分58秒、24時間以内で100kmトレイルの初の公式フィニッシャーになれました。

24時間以内はブロンズ・トロフィーがもらえるのですが、トロフィー品切れでもらえませんでした。

(後で郵送してもらえるそうですが。)

後半に入る前に日暮れで、山岳地帯の絶景見れず。

ケータイもダメになって馬鞍山(マーオーシャン)以後写真撮れず。

 

香港は初めて。概念がわからず地図で確認。

前半は海岸をつないで細かいアップダウンが続いた。後半は山岳地帯へ。

前半は比較的楽そうで、後半で山岳に突入し95キロに最高峰タイモーシャンが待つマゾ的コース。

実際は、前半もアップダウン激しく全然楽ではない。ほとんどが石段の急登・急下降の階段地獄に終始。

 

 

 

 

 

 

 

S倉

 

 

 

2018.01.28 Sunday

三大クラック

そのうち載せよう、とか考えているうちにかなりの月日が経ってしまいました。(半年?)
と、言いますのも 「どこどこのカチを使って、結晶摘んで云々」と言う記事を毎回書くのも骨が折れますのでご勘弁頂きたく思います(笑)。
長くなりましたが表題の件、小川山の三大クラックこと、イムジン河、バナナクラック、蜘蛛の糸を登れました????。

以下、感想
蜘蛛の糸11c:プロテクションは核心手前でガッチリセット出来ましたが、その後のランナウトが怖かったです。

バナナクラック11d:効いているかアヤシイプロテクションでパワー全開なムーブを強いられて怖かったです。

イムジン河11+:効いているかアヤシイプロテクションで繊細な足さばきを強いられる箇所が怖かったです。


御の字
2018.01.15 Monday

2018/01/13-14 八ヶ岳赤岳

2018/01/13-14 八ヶ岳赤岳

14日は快晴。
山頂付近は風速20メートル以上。
気温はかなり低い。


赤岳展望荘は素晴らしく快適な小屋。


稜線









まる

2017.12.23 Saturday

レース三昧の2017年・締めは2週連続70kmトレイル

 

伊豆半島縦断のITJと房総半島横断のCTC

 

2017 12/10 伊豆トレイルジャーニー(ITJ2017)71.7km 4408m+ 14時間(6:00〜20:00)

 2年連続出場のITJ。寒さのためウエア選択の失敗もあり、好調だった昨年と打って変わって、山に入るまでの最初の3キロの登りで大きく遅れた。その後も全体に昨年より遅れ気味で経過。稜線に出ると強風にも悩まされる。A2・A3関門ともギリで通過はしたが、A3で昨年より手前でのヘッドランプ点灯となった。その後の達磨山周辺には数日前の積雪が多く残っており、木段の急下降の多いこの区間を雪の残る中ヘッドランプで通過するのに、昨年よりはるかに時間を要した。(案の定、滑って手から出血。)結局、61キロ付近のだるま山レストハウスのCP5に今年から設定された関門18:30に20分ほど遅れDNF。ゴールの修善寺まであと10キロの下りを残すだけだったけど、20時のゴール制限をオーバーすると最終電車で帰れなくなるし..仕方なし。実働約13時間、累積約4000m+の末のDNFはくやしさ半分も、いろいろ勉強になったので満足半分。

 山中トレイルになって150人以上は抜かしたが、1440位(91%)が1285位(81%)になっただけ。1589人出走、1220人時間内完走、完走率76.8%は昨年より悪いが、寒さ・強風・残雪のせいだろう。加えて今年は走力が弱すぎた。レースの詰め過ぎだろうか。

 

 

2017 12/17 ~Coast to Coast~房総半島横断 67.3km 2420m+ 13時間(6:00〜19:00)

 昨年も気になっていたこの大会、開催が伊豆から1週後なのであきらめていたが、今年は来年に予定している100キロ、100マイルレースのための訓練も兼ねて、続けて出てみることにした。ただ、甲州アルプス、伊豆と2大会連続してタイムアウトDNFが続いており、3回連続DNFだけはなんとか避けたかった。

 前日は、強風で予定していた東京湾フェリーが欠航、急遽バスで宿泊予定の金谷港へ向かう。金谷もめちゃくちゃ強風で、明日のレースは中止になる可能性もありと言われた。幸い夜半に風は弱まり、3時半にバスでスタート地点の鴨川・内浦海岸へ。

 天気も良く、寒さも強くなく、久々に短パン・半袖シャツで出走。やはり自分はこうでないと走れない。コースの大半が林道であるが、変化に富んでおり楽しい。累積標高もさほど無く、久しぶりに余裕で関門通過していく。ハイライトの鋸山手前の石切り場から鋸山の急登・急下降(絶壁階段)を日が暮れる前に抜け、金谷の市街へ入る。ゴールを目前として延々遠回りさせられたので残念ながら日が暮れてしまったが、意地でヘッデン再点灯せずにゴール。最後までまずまずのペースで走りきれた。

 11時間10分37秒。305位。出走512人、完走463人。完走率90.4%。

 1週前の伊豆の疲労は、最初少し感じたが、途中から全くと言っていいほど意識しなかった。今までも、レース中の回復力には自信はあったが、これには正直びっくり。

 1月に予定している100キロトレイルレース(Vibram HK100)のいい実戦練習になった。

 

 

ITJ2017

スタートの松崎港

42km地点、仁科峠手前から富士山

ITJのハイライト、宇久津峠付近の笹原トレイル

 

CTC2017

浜金谷駅より見る鋸山

スタート地点、鴨川・内浦海岸

開けた林道トレイル

CTCのハイライト、鋸山手前の石切り場

 

 

 

 

鋸山の石切り場跡

鋸山の”のぞき”を下から見る

ゴールの金谷港へ最後の下り

 

2017年、マラソン含めエントリーしたレース18。

うち出走16、完走9・DNF7。

トレイルレースは12、完走8・DNF4。

DNFのうち5つは100キロマラソン3本と100キロ以上のトレイルレース2本。

100キロウルトラマラソンに関しては、まだまだダメダメだ。

 

楽しかったトレイルレースのベスト3は、

1.野沢温泉、2.志賀高原、3.房総横断 かな。

DNFを入れると、KOUMI 100が一番楽しかったかも。

 

S倉

 

2017.11.24 Friday

第1回 甲州アルプスオートルートチャレンジ(64km・4200D、15時間)はDNF再び(寒かった〜)

2017 11/19(日)

 

 寒波襲来の日曜日早朝5時、初めて長ズボン・長袖シャツで出走。しかし慣れぬ厚着のため発汗調節にジャケットの着脱を何回も行い、第一エイドでの長いトイレもあってかなりの時間ロスした。でも一番時間のロスは、寒さと慣れぬ長ズボンで動きが悪いのか、多忙で運動不足だったせいか、コウミから2週毎に出てるレースの疲れが溜まってるのか、防寒具でいつもより荷物が重いせいか、出だしの舗装路や稜線のフラットトレイルが全く走れなかったことだ。下肢自体がだるいのに加え、テーピングの失敗で右足首が下りのたびに悲鳴を上げ、ストレスの集中する左第2趾もいつもより痛むことも原因。今回試そうとした『トレイルバター』が寒さで固まってしまい、十分補給が出来なかったことも響いた。

 スタート後あっという間に最後から10人以内に置いていかれた。日本一続くらしい前半の登りはマイペースでクリアしたが、結局半分経過した32km地点・湯ノ沢峠の第2エイドで12分のタイムオーバー。ここまでGPSウォッチで累積2600mだが、8時間12分もかかってる。余力はあるのにDNFはくやしい。でも前に通過した選手との時間差が約1時間もあり、改めて自分の鈍足さを思い知る。どうりで前の選手が全く見えなかったわけ。源次郎を登り出してからというもの、約25キロほとんど一人旅だったのも当たり前。レースに出てるという感じが全くしなかったのが寂しい。第2関門DNFは自分の後にあと5~6人だけ。

 有名なプロトレイルランナー・小川壮太氏プロデュースの新規レース。最長64キロのオートルートコース出走者は109人。完走率78%は、そのタフな高低図を見ても臆せず参加するだけの実力ある選手ばかり出てるからだろう。50歳台の完走率が53%なのには、すこし慰められる。

 スペック的には、7月の野沢温泉を少し上回るかなという予想だったが、ステージレースでないこともあり、寒さが厳しかったことを差し引いても確実によりハードで、今後過酷で有名な大会になるだろう。タフだが、景色は素晴らしくトレランの楽しさは詰まっていると思う。

 せめてテーピングばっちりで、2週前の中能登程度走れてたら、15時間の制限時間内での完走は十分可能であったと思う。

 

 

 

オートルートコースの高低図 前半で1500mほど登る

 

オートルートコース

 

寒いが、空気は澄み、快晴。富士山。

 

大菩薩湖と冠雪した南アルプス

 

甲州アルプスの稜線へ

 

甲州アルプス 最高点・小金沢山2014mを望む

 

S倉( UTMF落選( ;∀;) )

 

 

2017.11.15 Wednesday

志賀高原と中能登、ふたつのファン(?)トレイルで久々のとりあえず完走

2017 10/21(土) 志賀高原エクストリームトレイル・ロング 

 54km(うそ、約60km)、制限15時間 →12:40:41 128位/175人。

 ヘッデンスタート、ヘッデンゴール。もう少し明るいうちにゴールできると思ってましたけどダメでした。

 100キロから2週でしたし、仕方なし。

 前日の雨で、特に前半はドロドロ。大好きな志賀高原スキー場のあのコース、このコースをを無雪期に堪能できました。

 

2017 11/5(日) 中能登トレジャートレイルラン・ドリームコース 

 約50km、制限9時間30分   →  8:57:24、 95位/116人。

 累積2000m台でこの制限時間から、とにかく走らないと完走できないだろうことは自明。マーキングあるのに、5回以上コースロスしてしまった。特に道路から山道に入るところ多く、そこで見落とす。起伏はさすが鏑木プロデュース、相当のアップダウンでした。

 最後グループの先頭ではゴールしましたが、前のグループが全く見えないくらい離されてました。ボリュームゾーンでゴールできることはこの先あるのでしょうか?

 

志賀高原

 

 

 

 

 

 

中能登

 

能登半島で開催される2つのレース、峨山道TRと中能登トレジャーTR

中能登トレジャートレイルラン

 

S倉

 

 

 

Powered by
30days Album